2008年06月23日

訓練30~39日目ページガイド

30訓練日目

/101036375.html

31訓練日目

/101036227.html

32訓練日目

/101036165.html

33訓練日目

/101036087.html

34訓練日目

/101036030.html

35訓練日目

/101035946.html

36訓練日目

/101035870.html

37訓練日目

/101035800.html

38訓練日目

/101035734.html

39訓練日目

/101035663.html



posted by タケ・S at 06:37| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

青年海外協力隊派遣前訓練30日目

青年海外協力隊派遣前訓練30日目。
ついに30日もたってしまいました。ということは残り49日間。50日切ってしまいました。英語能力はたぶん、リスニングは上がっているとは思いますが後はどうなんでしょうね???
しかしながら体調を崩してからなんとなく、肩の力が抜けた気がします。だから授業でも全くしゃべっていなかったのがなんとなくしゃべれるようになっているし、(かといって能力が上がったわけではありません)その理由は自分でもよくわかりません。
やっぱりナーバスになっていて、風邪のおかげでリラックスできたのかも・・・
そういうわけで風邪引いてからは、体調はまだ万全には届きませんが精神的には前よりいいです。やっぱり自分としては暴れ足りないわけでそのフラストレーションがすべての悪循環の源であったので、それがちょっとでも暴れだすといいほうにいくみたいですな。まあ、暴れるといっても変な突っ込み(英語)くらいなものなんですけどね。
正直なところ、前はだいぶ逃げ出したいと思っていましたが今はそうでもない。いやー、世の中なにが転機になるかわかりませんな。

というわけで風邪から復帰して今日で3日目。だいぶ、ナイストーキングと先生にほめられました。あと、なんか相槌の(英語)打ち方がうまいともほめられました。これは英語というよりはって気はするけど、いずれにしろ、人間単純な生き物ですからほめられて悪い気がするはずもなく、しかも30日近くしてしかも苦しんでいるところの褒められですからだいぶうれしいもんですね。

そんな勢いにのって今日はプレゼンをやりました。前回、もしあんな授業やったら生徒に家に火をつけられるよ。という授業をやってしまったので今回は準備をしっかり、しかも予備練習まで(ボードの使い方とか)までやる3時間くらいはしたので、とりあえず理数科教師標準の授業はできました。あれをやればまあわかるでしょう。みたいなところです。
しかしながら前回が前回だっただけに、褒められました。だいぶ良くなった。と。
うーん、こう考えるとだいぶいい流れなんですがあとはボキャブラリー訓練が明らかに足りないのでそれをきっちりできたら最高ですね。
まあ、そういうわけで身内の皆さんにだいぶ心配をかけたみたいですけど山は越えると思います。明日、テストなのでそれ次第・・・

そのあと今日の講座の話は「開発と環境」。
これも選択の講座だったのですが、しかしこの話。全く面白くなかったので紹介だけ。なんかね、環境問題に関してはその途上国より先進国のほうががんばっているのは当たり前で、その環境保全を途上国でも進めたいわけですよ。でも向こうの人はそんなにそれをやるよりも発展したいっていうのが本音なわけ。
だから結構言いもの、例えば水の浄水器1000万くらい作っても技術ない。後はそれを維持する金もないみたいなことになって(作るのは先進国の金、でも維持まではだせないらしい)無駄になっているのが今も放置されて残っているみたいです。だから教育は大事だよ。見たいなそんな話。
そうそうあとこの講師の人は環境チェックに海外に行っているみたいですが、やっぱり期間とか短くて満足いくものできないみたいです。そんなところから変えていかないとだめだね。
要するに金の使い方がうまく言ってない。とそういうことだね。
あれ?もう終わっちゃった。
この講義、ひたすらスライドでここの環境はこうだって紹介されただけで内容はこれだけだ。

こういう人呼ぶのにいくらかかっているんでしょうね。なんか毎年、同じ人が来ることが多いみたいで結構な謝礼が出てるのかな?毎年来てるってことはどうなんだろうね?もっといろんな人呼べばいいのにと思いました。
以上

posted by タケ・S at 16:37| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練31日目

だいぶいい感じになってきた今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか?・・・なんて調子にのっていたらやっぱりうまくいかない自分であります。今日は、テストの日だったのですが、そのテストというのは簡単にいうと前のの第2弾。えーと、英語の物理とか数学の基礎単語を定義してイラストを描くというものです。
そのテストは午後の2時の最終コマだったのですがその前の午前中の授業でそのどんな定義をしているか、そのプレゼンをしました。自分、へたばっていて準備が万全ではなかったので何とかその場のアドリブでしのいでいたのですが、最後でミスりまして、めでたく、昼休みの間、最後30分で個人特別授業。もうね、自分はね、「いいからほっといてくれ」
とそうやる前もやる寸前もいったのですが、いやいやだめだ。といって個人授業。もう行きたくなくて行きたくなくて、正直久しぶりに相当機嫌が悪くなっていました。
それでも、もう逃げられないとわかったらやるしかなく、しぶしぶがんばりました。新しい発見があったかといわれるとどうだったんでしょう。役に立ったんでしょうか?テストはこなしました。しかしすぐ解散だったのでまだ追試の可能性も残っております。どうなんでしょうか?前よりはどんなテストかわかっていたからよかったと思うんだけどね。

えー、しかしいやなことが終わってしまえば楽しいことが待っているもので・・・
今日は祭りだったんです。日本3大ちょうちん祭りの一つ、二本松ちょうちん祭りです。祭りと聞いていかないわけには行きません。
理数科教師のテスト、時間を延長して3時10分までやってたんですけど、バスの時間が3時半。めっちゃ大急ぎで着替えて、候補生がいっぱい乗ったバスで移動。ついたら即酒です。ビールがうまい。いの一番でビール。候補生の仲で実は一番に飲み始めたか?ってくらいしょっぱなから飲みました。
しかしこの祭り。みんな酒入って、しかも訓練所と違い、他人さんもいっぱいいるもので訓練生同士でいつも以上の連帯感が生まれます。という巧みな心理を利用したかどうかわかりませんがいろいろな人と仲良くなりました。
基本的にみんな生活班で(10班まである奴)動くことが多かったのですが、自分も最初は所属どうり6班にいたんですがじきにはぐれ、2班に入り、はぐれて10班に入り、ここで祭りのメイン、ちょうちんのみこしって言うのかな?でかいやぐらが町内ごと全部で7つあるんですが、それを見ました。
ちょうちんに早く火をつけて、その火のついたちょうちんがいっぱいついた棒を立てる。それの速さを競っていました。結構面白かったけど、そのあとの移動に行くまでの時間が長い長い。すでにそのときビール4杯飲んでいたのでトイレに行きたくてしょうがなかった。んで移動が終わってトイレから帰ってみるとみんないない。まあ、見てるときにはぐれていたのでまあしょうがないかって感じで・・・そこで5班に合流。しかしここはどうも行動が会わないので、協力隊でカレーとビールを売っているブースへ。そこで今度は4班と合流。その班でなぜかずっと行動していました。
なぜかっていうと実は仲のいい子がそこにいたからなんですが・・・

ここでちょっと女性関係の話をしたいと思います。
ここで仲良くしゃべれるようになった女の子は3、4人は間違いなく増えたな。しかしですな、一番の問題はその仲のいい女の子なんですな。結構、もう仲が良くて実はもう手をつないで歩いてたりしちゃったりして。なんかもう付き合うか?って言えばなんかうまくいくような気がするんですが、そのなにが一番の問題であるかというと、それは本当にその子でいいのかな?と思うんですよ。今、28歳かな、べつにここでは年齢はしょうがない。と思っているのでべつにいいし、面白い興味のもてる女であることには間違いないのですが、もっといい女がいるのでは・・・と。というか、現にすごい好みの子がいるんだよね。ま、外見なんですけどね。仲のいい子の外見は普通くらいです。
狭い領域に住んでますから、ちょっと噂になるともう終わりかな。と思うので余計慎重になってしまいますよね。もう30日がたって残り50日弱。微妙なところですね。
あまりカップルの噂を聞かないからなおさら動きづらいのもある。
まあ、この話はまた書きます。感想求む。
以上

posted by タケ・S at 16:34| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練32日目

といっても今日は日曜日。というわけで朝から空手の練習に行きました。もうなんか、意外と物覚えが早いらしく、型、平安初段を(漢字は怪しいです)マスターし、なんかちょっと教えてました。暗記もこれくらい早くできたらいいのにと思いました。
そのあとは、買い物に行く予定もあるんですがテニスをする約束をしてしまったので、それに参加です。これも結構がんばった。おかげで前日の酒は完全に抜けたけどね。そんで11時半に友達とタクシーで下山。
郡山に行く予定だったんですが電車までの時間が結構あってまた協力隊のブースへ。友達はストリートミュージシャンだったのでそれにまじってストリートデビューしてしまいました。曲はスピッツのチェリー。
自分、腹式呼吸とかまだまだっす。

えー、初の郡山に行ってきました。しかしですね、先週はみんな郡山に行ったんですよ。でも自分は風邪でへたばっていたので今週にしたんだけど、今週は祭りで土曜日に下山したせいで誰もいっしょにいってくれず、初の郡山を自分ひとりで歩き回ることに・・・
電子辞書、スラックスズボン、本、など買うものいっぱいあったのに一人。しかも空手、テニスで疲れている。もうめっちゃ大変でした。それでも二本松に帰ってくると帰るバスがない。祭りはまだ続いていて今日はみこしを見てしまいました。
でもそういうわけでまたブースへ。そこですることないので売り子さんになりました。なんか今日は候補生はほとんど来てないらしく、みんな昨日で燃え尽きたのねって感じ。えー、なんか所外活動でつくったものを売っていました。自分は保育園ですけどそういうものをお年寄りとかと作っているところもあるみたいです。
でも全然売れませんでした。1時間くらいやって800円の巾着一つ。まあ、でもそのあとなぜかブース内にあった寿司をいただいて帰りました。寿司が晩飯なんてとっても幸せ。久しぶりにご馳走食ったって感じでした。役得でしたね。
今日はホンマ大忙しの一日でした。いうまでもなく、宿題は終わっていないので夜も大忙しでした。今までで一番遅くまでやってたな。

明日はすごく眠いんだろうな。

posted by タケ・S at 16:33| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練33日目

せきの症状は止まりませんが、いつも風邪をひくと止まらないのでまあいいかってことで全快ということで今日は3キロコースに行きました。
しかしながら昨日、空手、テニス、郡山での買い物での歩き回り、売り子でのたちっぱなしがきいて体が痛い。そこに最後の坂をダッシュしたら腰まで痛い。坂を上がる筋肉ってたぶん、背筋使っているんだね。

えー、なんか風邪をひいて力が抜けたいい影響は人間にでも出るものでなんとなく話したことのない人と話して仲良くなったりそっちのほうはだいぶ疲れることはなくなってきました。
しかし、昨日たまっていたこの日記を書いていて夜の2時。こっちの勉強がちょっとおろそかになったところに10分プレゼンをやったらぼこぼこ。また個人特別授業をやることになりました。
今日の10分プレゼンは午前中のAクラスで行ったもので、前つかまったのは午後のCクラスだったんです。先生が違うんですが、2人して自分ばっか気にしなくたっていいのにって感じ。
いや、ホント日記のせいで準備がおろそかだったんです。とは言えず、あー、大変だな。特別授業。もうやりたい勉強やらしてくれよ。

午前がぼこぼこだったことに加え、すごい進歩だ。と褒められたプレゼンの評価を午後の授業で行いましたが、評価は3マイナス。(5が満点)
あれ???クラスで一番下だぞ。しかもなんか全然準備だめでだめだったって言ってた人も3マイナスだぞ???
テーマは一番無難な面白くない奴を選んだとはいえ、たぶん、あのテーマなら現地でもこの授業をやるぞ、たぶん。それで3マイナスですか?しかも大きな進歩だった。って褒めて3マイナスですか。いやー、困りましたね。
まあ、担当の先生の評価が低かっただけで周りの仲間の評価は平均3プラスくらいかな。一番下ではなかったとはいえ、ちょっとやる気がなくなりました。

えー、よく考えると人生振り返ってみて、これほど低い評価をされている時期はありませんでしたね。そういえば。普段の成績が悪くてもそれなりの最終結果は出してきましたからね。
日本語は自分にとって武器だったみたいで、これがないと短所ばっか目立つんでしょうね。それか長所がでないか。たぶん両方ですね。
意外とがんばってまあ、自分でもいくつかいけない点はあったとは思いますがその結果が一番下という成績をもらうと「才能ねえんじゃねえの」の一言でかたづけたくなっちゃうもんね。
いやー、まあ最年少だからしょうがないか。
ここで腐ったところでまた特別個人授業が待っているだけだから。たぶん、追試にもひっかからなかったみたいだし、進歩では一番ということで、そういうことでやる気を出したいと思います。
まあ、別に相対評価が一番下だからって何か困るわけでもなく、基本的にこの訓練所は比べるな。ということを言われてますから、いいっすよーだ。

追伸 すごい進歩で3マイナスってことは前回の授業は1だったと思われます。まあ、いいところなかったからしょうがないか。言葉って難しいね。
以上

posted by タケ・S at 16:31| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練34日目

今日は朝から3キロ走り、絶好調。といいたいところですが、中間テストだったのでただの空元気です。
勉強しようなんて思って朝3時に起きては見たもののもう少し寝る。もう少し寝る。を繰り返していたら、結局、1時間くらいしか勉強せずしかも、あまり寝た気がしないという最悪の状態のままテストを受けてきました。
しかしながら基本的に最低にいることがわかっている自分にとって怖いものなどあるわけがなく、やるだけのことをやればいいんだ。っていうただそれだけのことだったのでそんなに疲れはしなかったかな。
出来のほうはどうなんでしょう?自分ではよくわかりません。
ここの訓練所では成績が低空飛行でもちょっと上がればいいんですが少しでも下がると週末、外出禁止になるという噂なのでそうなっていないことを祈るのみです。

さてそのあと、理数科教師仲間が公開模擬授業プレゼンをやりました。
これは別に強制ではないんですが、理数科教師内で知識の共有をしようということで始めた(自分はやってない)火曜日の日本語の公開実験が、先生の目にとまりそこから英語のやつをやれ。との指令から行われたものでした。
そこでやっぱり教えるということの難しさを感じました。
目標は格学校ごと違うし、それによって授業がどこに重点を置くかも違います。大学にいれる全員がわからなくてもいい授業なのか、それとも全員がわかる楽しい授業なのか。生徒の関心を50分惹き続けることの難しさ、黒板の使い方の難しさ、そしてあることを理解するように説明する難しさ。どれをとっても難しいもんね。それを全部やるんだからそれはもう無理があるね。
けどやらないわけにはいかずとりあえずマニュアルを作ってしまおうかな。なんて思ってしまいましたな。

とにもかくにも中間テストが終わって、今週は明日は所外活動2回目。金曜日から土曜日に野外訓練。そのほか、サッカーやったりバスケやったり飲みいったり予定はてんこ盛りです。
しかしここで遊び過ぎるとまた泣くことになるので勉強はおろそかにならないようにしたいですな。

今日は最後に日常活動の一つ、班日誌を紹介します。前、書いたかな?これは一日一日班員の誰か一人がその日にあったことを日誌に書きスタッフの方々に読んでもらうという単純なものなんですが、今日それがまわってきました。今日で3回目。
これは班の人全員が順番がまわってくると書くものなのでその人の考え方とかそういうものがわかって面白い。みんなすごく個性的に書くし・・・
しかし一番の問題は12人でまわしているのでまわってくるのは12日に1回。全部読むと結構時間がかかるんだよね・・・

本日以上

posted by タケ・S at 16:30| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練35日目

今日は所外活動と呼ばれる特別な活動がありました。
前にもそれについては書いたのでそれについては省きます。
自分が行ったのは、保育園です。まいどおなじみ抱っこしまくり。
具体的にやったのは、行って、屋内で遊んで、屋外で遊んで、昼ごはんを食べて、そのあと、お昼寝。
やったー、眠れると思ったら
「絵を描いてください」
といわれ子供が眠ってから、外にでて絵を描くことになりました。
しかしですね、自分、絵を描くということが非常に苦手な人間でして、いつもは授業でピンチを迎えるんですが、まさか所外活動で保育園に来てまでピンチを迎えるとは思ってもいず、非常に大変でした。何とか車の絵を描いて事なきをえましたが、いやー、非常にピンチでしたね。
ちょっとは絵を書くことをしようと思った瞬間でした。
それで、子供たちが起きて、おやつを食べて、絵の紹介をして帰る時間までひたすら遊びです。
ここで新たな技を開発しました。それは2人おんぶ。背中に2人抱えるわけです。苦しいかな。と思いきや、子供には大好評。結構それが面白いみたいです。しかし立ち上がるのは非常に困難です。ひざ、腰が悪い方はやってはいけません。
そうですね、あとは子供は抱っこしたりおんぶしたまままわってくれるのが大好きです。目を回すのも軽めのものなら楽しいからでしょう。しかし一人一人軽めの目を回すのは自分だけなので自分はしゃれにならないほど目を回します。それで何回も何回もくるんだもん。最終的には気持ち悪くなるくらいまわしまして、帰りのタクシーの中ですごい気持ち悪くなって帰る。という状態になりました。
帰ったのは5時40分。またしても一番最後です。タクシーの運転手が来るのが遅い。いっしょに行った3人は向こうで遊んでいるときからタクシーがまちどおしかったらしいです。自分も最後の10分はそうだった・・・
子供と遊ぶのは楽しかったからまあ、いいっしょ。

さて、この後の文がどうしようか。と迷った結果、更新が滞りました。
いやー、ホントどうなんだろうって感じ。
実は今日は仲の良い29歳の人の誕生日だったんです。
プレゼントも普通に用意もしてあってなんていうこともなく、ただ渡すだけという状態ではあったとは思うんですが、それがね、連絡がとれなくて本当に最後はただ渡すだけという状態になりました。消灯前1分前に何とか渡した。って感じ。本人からはそのあと感謝のメールは来ましたが・・・
その子はすごい交友関係が広くて、いろんなところから祝ってもらった結果そうなったみたいなんですけど、うーん、それでよかったのか、疑問。
正直、よくわからない。

なんて明らかに後手後手にまわってしまい、勉強も日記も滞ってしまった愚かな自分の話でした。

以上。

posted by タケ・S at 16:29| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練36日目

今日は木曜日。しかしながら昨日は所外活動。明日からは野外訓練と今日さえ、乗り切れば後は勉強は何とかなる。そういうわけで今日はいかにしてこらえるか、見たいなそんなところがある日でした。
さて、授業自体はそんなにたいしたことはなく、でもおかしな議論が始まって自分はいっさい絡んでいきませんでした。だってテーマが「現地でうまくやっていくにはどうするか?どうやって過ごしていくか?」なんですよ。それでこういう話っていうのは講義とかの中でよく出てくるわけですよ。
んで、何がもめたかというと「日本での経験を教える」ということでもめたのです。しかしそんなこと、もめる必要なんか絶対ないと思っていたので、何もいいませんでした。
日本と向こうでは絶対に環境が違うので、別に教えたければ教えればいいんですけどその教えたことが果たして現地の人に役に立つのかって話。日本でできることが向こうでできるわけではないので・・・
向こうに行ったらわからないことだらけなんですよ、文化、習慣何一つわかることはない、生活のことに関しては。
何していいか、よくわからないときは、日本でも同じです。自分、周りを観察しできることの最善をさがしそれをする。
現地で重要なことは明るいこと、よく観察すること、社交的であること。以上の3つ。
そんなことでもめるのはやめましょう。何で、みんなあんなに議論好きなんだろう?自分には理解できん。

さて、そうそう中間テストの結果が帰ってきました。結果69点。理数科上位クラスの平均が72、3点。まあ、こんなもんでしょう。おおこけしなくて良かったというのが感想です。
正直、今のこの状態で精神的に負け犬根性があって、このやろー、みたいなところは今はありませんからね。まだ戦うには準備が万全ではない。そういうときは逃げることも仕方なしです。
最後のテストは準備が万全になっていればいいですね。

今日は、終わってからも忙しく、ガーナの先輩隊員の話を聞いたあとバスケットをやりました。
まず先輩隊員の話。話は箇条書きですしまとまっていませんがご勘弁。
さてここで問題です。現地で紙は貴重品です。そこでトイレでは何を使うでしょう?それは食べ物関連のものです。正解はこの話の最後に。

ガーナの高校では、男女とも校則で決められているらしく、坊主です。(衛生上の問題では。といっていました)写真を見せてもらいましたが、顔がさっぱり区別がつかない。それはよく言われますよね。初めてそういうところに行くとみんな同じ顔に見えるって。しかしですね。まさか、男と女の区別さえつかないとは思わなかった。ビックリです。
そういうわけで名前を覚える。ということは非常に困難だそうです。基本的に慣れるまで半年。うーん、しかし区別がつかないってことは初対面か、初対面ではないかすらわからないってことですから非常に大変ですな。

気候的には結構寒いらしく、場所によって違うんでしょうが、その人のいったところでは長袖、長ズボン、布団、毛布で寝てたみたいです。

派遣に関しても注意されました。基本的にただ理数科教師がいないだけでいい先生がいないわけではないのです。そこのところ、注意です。

ガーナはイギリスの植民地だったらしく、ほとんどイギリス式で6・3・3。(これは日本と同じですね)しかしなんか郊外に建てるのが普通らしいです。町外れみたいなところに。ということは繁華街は遠いってことですな・・・

協力隊の派遣は、基本的に中規模の田舎の学校に行くのが普通らしいです。ガーナは。しかし国によってはすごいところに送るのもあるらしいです。田舎も都会も。
それでも疾病率ナンバーワンの国らしいです。ガーナは。派遣員の延べ病気回数の年平均かな。それが一番。そのため、医療体制は万全で、国で最高の病院へ送られるらしいです。やばいときは。そのため、ガーナでは疾病率ナンバーワンなのに病気での死者はなし。交通事故で3人、水の事故で1人死んでいるだけらしいです。
しかし聞いた話によると、基礎体力って普通、病気しても日本だと100%まで回復するじゃないですか、でも向こうだと100%まで行かないそうです。つまり病気をすると基礎体力値が減っていく。うーん、恐るべし、アフリカ。
しかし疾病率が高い分治安はいいらしいです。アフリカは西は治安がいいが病気になりやすい。東は病気はないが治安が悪い。一長一短ですな。

ガーナは赤道が近いので基本的に6時に日がのぼり、6時に日が沈む。それが生活の流れだそうです。基本的にこの国は、豊かな国だったらしいです。勤勉に農業しなくたって食べ物はできる。そこに植民地されてなんか農業形態が破壊されて、どうも良くなくなったらしいです。この国には主だった産業がない。
そのため、多くの生徒に将来何したいか?と聞くと海外へ行って働きたい。というらしいです。国に戻ってそれで発展させるという感覚はあまりないみたいです。

ここでガーナの生徒の話を。ガーナだけではないですが基本的に子たくさんです。そのため、全員を学校に行かせることはできません。そのためできのいい子供を家族の代表として、学校に行かせます。つまり学校に来ている子は家族の期待が背中にあります。そのため非常にまじめだそうです。しかし簡単な計算ですら電卓を使う。それが当たり前の国ですからなんともいえません。
高校卒業と同時にナショナルイグザミネーションという日本のセンター試験みたいなものがあり、それで就職が決まるそうです。今日はAからF。Fは落第点です。これが一つでもあると就職は無理みたいです。そうすると家に戻って農業をやることになります。
話を聞いた人の学校では数学の成績が大半はF。
そんなところにいくらしいです。そうすると難しい。教えるのが。

非常に正直なところを書くと基礎学力は中学生程度。そこにセンター試験レベルの問題がくるのですからできるわけがなく・・・
簡単に考えると中学校、高校の6年間を行っている間に教えるわけです。しかも勉強の形態も理解というよりも暗記。それがガーナの主流らしいです。簡単なたとえをだすと分数の基礎をやって足し算やった。掛け算をやった。じゃあ、分数の掛け算はって言われても全く、今までやったものが生きていないらしいです。なんか完全に頭の中では独立してしまっているらしいです。
教えるの無理。といいたい感じだね。
何かいいアイデアある人募集。

あとはガーナでは左手で物を渡してはいけません。

そんなもんで・・・
正解はとうもろこしの芯。乾燥させて使うらしいです。結構いいって周りが言ってた。って言ってました。


今日からバスケが始まりました。毎週木曜にやろう。ということになって。しかしバスケは危険です。結構、怪我するの多いみたいです。だからこんなに遅く始まったんでしょうね。自分はシュートが全くだめです。練習します。これから。

本日はこのあと、頭を刈りました。
今までかつてないほどの短さにして見ました。ホントはもっとずっと前に切るはずだったのですが風邪引いたりしてたのですが・・・
頼んだのは班の女性グループです。誰がやったって大差ないと思っていましたがそうではなかった。下手なやつは下手です。そのため班内大爆笑。かつてないほどの笑いに包まれました。
最終的にはうまいやつに仕上げてもらったので問題はないです。

本日は以上。

posted by タケ・S at 16:28| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練37日目

さて今日は、野外訓練です。読んで字のごとく、とりあえず朝起きて、部屋を出たらもう夜まで部屋に入ることはできないという訓練です。
ラジオ体操をしたあとちょっと時間があって、みんなでグランドへ。
ここで訓練開始です。
この訓練の基本は生きるために作り食う。
そういうわけで最初は道具を準備。前日、それなりにチェックしてあったのであとは外にあるもの全般ですね。
支給品は基本的に刃物(包丁、のこぎり、カッターナイフ、なたなど)と調理道具(なべ、ざる、ボール、しゃもじ)とその他(シート、バケツ、テーブル、ベンチ、竹など)あとは食料は朝と昼、14人で米1キロ、フランスパン3本、卵10個、鶏2羽、アジ7匹、たまねぎ5個、サラダ油100ml、塩100g、塩100g、胡椒50g、アルミホイル2本。以上です。もちろん、調味料とか他は何もありません。
そんな中、朝飯準備スタート。といっても火をおこして湯を沸かす。くらいしかすることはなく、まだ魚も鶏も支給されていないのでここではパンとお湯。茶葉もないからね。しかしここで竹登場。皮を削ってやるとでてくる白い部分。お湯といっしょに飲むと微妙な甘さとにおいがつきます。しかし、あくまでやっぱりお湯だけど。
他の班はたまねぎと卵を使ってパンを食べてました。焼いただけで全く味をつけず普通に食べるうちの班に乾杯です。昼に贅沢しようって言うことで・・・

そのあとは魚さばきタイムです。基本的に自分はやったことはありませんが、周りの女性人は半分以上で切るし、うちの班には養殖派遣で行くプロがいますので全然問題ありませんでした。俺のさばきを除いては。もっと練習したいですな。やったのは3枚にさばく、まさに基本です。ちょっと自分のやつは身が残ってしまいました。
続きまして鶏解体。え!?解体。
見たいなそんな流れですが、生きている鶏を解体です。
魚のときもそうだったんですがはじめにあらかじめ、練習している代表がいてその人が見せてくれたあと自分たちがやりました。
つまり殺すところから。しかしここにいる人間たちは覚悟が決まっている人間たちばかりなので騒ぐやつはいません。さすがにいきなり鶏が鳴きだしたりすると驚いている人はいましたが、1班2匹。しめて解体です。
自分は一匹目、しめました。しめる。というのはまず足を持ってさかさまに。そのあと首の頚動脈を切ります。鶏は体積が体積だけにたいした血は出ませんが、なかなか死にません。切ったあと1分くらいは暴れるのを抑えてました。
死んだあとはお湯につけ羽をむしります。それで頭をおとすとそれなりに見たことあるんかもっていう形になります。
しかしこのあとはすごい難しいです。自分はしめたので解体はやっているのを見ていただけだったのですが、簡単にいうと手羽とって足をはずして腹割いて
内臓見てレバーとってハツとって、うーん、よくわからん。って言うのが感想です。実際やってみないとだめだね。
ただ一ついえることは以外食べれるところ少ないです。脂肪がすごいんです。量も色も。まさか色が昔のクリームパンに入っているクリームの色とは思いませんでした。後はなんか生態の中にあれほどの緑があるとは知りませんでした。えさの関係かな?
鶏に関しては写真を撮ってあるのでご希望の人は送って差し上げます。

感想は覚悟が決まっている人たちばっかりでうざくなくてよい。
・・・じゃなくて、どこからが食べ物でどこからが生き物なんでしょうね。解体してて思いました。殺したらもう食べ物ですか?それとも殺す前から食べ物ですか?残酷だと思いますか?
自分の意見はシンプルなもので人間が食べようと思ったときから食べ物です。
残酷だ。というのは全く思いません。人間は生きていくためには何か殺していかないと生きていきません。植物だろうと動物だろうといっしょです。だから仕方がないことです。

さてその魚と鶏で昼ごはん。それでもこんな量ですから煮込むのが一番ということで米も何かもぶち込んで煮込む。魚はホイル焼きとあとはつみれに。つみれはナイスアイデアでした。鶏は煮込みと焼き鳥に。

感想は魚はうまかった。プロが仕込んだからって言うのもありますね。鶏は硬かった。全体的にはおいしかったです。

さてなぜ鶏がまずかったか?新鮮なはずなのに。これはその場では誰も言及しませんでした。だってすごい苦労して作ったのにまずいなんていえるわけがなく・・・
さてこの鶏なんですがどこから手に入れたかというとどうやら好意でもらっているらしいです。こんなところに税金は使えないみたいです。
しかしもらえる鶏ってどんな鶏って言うと、養鶏です。卵目的で育てる鶏のことですね。事実、解体のときにもう生むであろう卵が出てきました。
焼き鳥やでバイトしていた自分は知っています。卵生んでしまった雌鶏はまずくて食えない。
忘れもしない前やっていた焼き鳥屋はそのまずくて食えない卵を産んだ雌鶏をただ同然で仕入れてうまく仕込み、商売をはじめて、成功したところですからね。
よっぽどうまく仕込まないと食べれたものではない雌鶏なんですからそれはうまいはずはなく・・・(その焼き鳥屋でもおいしくなってはいますが硬いというか歯ごたえがあります)
卵を産んでいない雌鶏は焼き鳥屋では「若鶏」と呼ばれています。やわらかいですよね。

それでもおいしくいただきまして午後です。
午後はみんなでまた飯を作る。うどん、豆腐、チャパティ(小麦粉、卵をまぜうまくバターで焼いたもの、バターのにおいがきいてて結構おいしい)、餃子の4つです。どこかに必ず所属してどれか作るわけです。
自分はうどんです。1キロの中力粉(ない場合は強力粉薄力粉半々で)に対し水500弱?(こねながら足していく)塩50グラムです。まず粉と少な目の塩水でまわすようにかき回します。手についてきてぼそぼそってなったらこねるようにくっつけます。くっつけないのは水不足。しかし入れすぎると失敗するのでちょっとづつ入れてください。それでくっつけて一つにします。そしたらビニール袋に入れて踏む。
ひたすら踏んでください。きめ細かいという感じになるまで。
それで最低15分寝かします。
それで棒で伸ばす。丸める。切る。ゆでる。食べる。以上。

もう何でもそうですが字に書いてしまうとなんて楽なんだ。苦労を表現するのは無理です。がんばって挑戦してみようかな。
まず水加減が難しくてくっつきません。水が多いと粉を入れるしか手はないので少なめに少なめに勝負です。くっつくと安心しますね。ホント。
踏むほうもあれみんなでやっているから楽しくいけますが、一人でやるとむなしい10分以上は間違いなく踏んでたし。寝かす間暇だし。伸ばすのもなかなか伸びない。何で伸ばしてんのに戻って縮むねん。見たいなそんな格闘を繰り広げます。切るのだって均一に切るのは至難の業。周りで見ていた人が切りたいっていうので切らすと余計に太さばらばらです。
ゆでると膨らむので細めでいいと思います。普通のイメージで切ったらきしめんになりました。
これ以上苦労伝えるの無理。

結果、結構こしがでます。っていうか、相当。硬めだなって言う感想がほとんどでしたね。でもおいしいはみんなつきました。そりゃ、そうか。

このあと片づけをキャンプといえばキャンプファイヤー。その前に片付けの荷物が重かった。疲れた。

キャンプファイヤー、これもこっちで企画するもんですから自由っちゃー、自由。でも実はここは国有林ですので制限はだいぶついたみたいです。自分はキャンプファイヤー委員ではないので詳細はわかりません。しかしキャンプファイヤー委員は一週間以上、一日数時間ミーティングを重ねてくれました。

やったことは点火イベント、アブラハム、オクラホマミキサー、ジェンカ、歌、オーソドックススタイルでした。変わった企画は何もなかった。それが良かったといえば良かったし、寂しさを感じたといえば寂しさを感じました。

そうです、恋愛企画がないもない。オクラホマで手をつなぐくらいです。しかしそれも、このキャンプファイヤー、全部何やるか当日まで秘密で、そのため練習していない。ということでみんなで「左左、右右」とか言いながら終了。
普通、あれは踊る人と話すのが楽しいんじゃない???
前隊時は告白企画見たいのがあったみたいです。
自分ひとりではなく、全員とは言いませんが90%はそういう期待を持っていたとは思います。
しかし、よくキャンプファイヤー委員を見るとそんな企画は通らないだろうということを気づいておくべきであったかと思います。
でもおもしろかったっす。
最後、火をみんなで見ていると・・・・・・

そんな感じでおしまいです。普通はキャンプファイヤー後は、各班、談話室と呼ばれる班のお茶室みたいなところになっているのですがうちの班は風邪がはやっているので部屋でみんな寝ました。
スタッフの人が一人談話室で寝ていてごめんなさいって感じでしたかね・・・

追伸 今日、火のせいでだいぶ咳き込みました。というか、風邪が完全に治っていないのがホントのところでどうやらまたちょっと具合のほうが・・・
明日の登山がんばりたいな。
以上

posted by タケ・S at 16:27| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練38日目

さて、本日は安達太良山登山です。この山は訓練所のすぐ近くにあり、登山口まで3.6キロというところにあります。その近さのおかげで登山口まで歩くことになるんですが・・・
えー、今日も一度部屋を出たら戻れません。そういうわけで飯食って出発式。今回は2班合同で動くことになっていて自分たち6班は10班と行動です。ここには理数科教師で同じ人もいれば祭りでいっしょで仲良くなった人もいるので別に問題はありません。
しかしながらうちの年齢を気にしてか、なんなのか知りませんが、うちの出発は一番最後。しかも前の班を抜いてはいけないという条件であるので最後に到着もまあ、間違いないということでちょっとやな感じです。
それでも8時に出発。結構班内では話すのには別に困らない。なんかいろいろな話をしていて様な気がするけど前半は全然覚えてない。それでも登山口までは道路ですからね。ひたすら歩きました。
実は今だから言える話。実は昨日だいぶ、調子が悪くなり気味だったのですが今日、朝起きてだいぶ悪いです。まあ、熱は明らかにない。何があかんってせき、鼻水、たんの3点セット。しかも鼻が上に登るにつれて痛くなっていくんですよ。なんでだろうね、ホントに痛みなんですよね。
それでもうちの班は年齢差がありますので上がへたばった場合、下の自分が荷物を背負うなり何なりが義務となりますので、それをやらないとしても足を引っ張るということは絶対に許されないので・・・

さて登山口まで着いたときですが実はだいぶ疲れを感じました。スタッフが寒い寒いっておどすもんで厚着をしていったんですが、病気の汗と暑さの汗が両方来まして汗だく、それだけでだいぶ体力の消耗を感じました。
それでも弱気はいえるわけはなく・・・

そこからは自然ですからね。2時隊の特権です。あの景色の美しさは。10班の女の子なんて声になってなかったからね。
ホントに自分もその美しさに驚きました。赤、黄、緑、本当にこれは景色なのかと思いました。でかい絵かいて張ってあるのかってくらい均整のとれた、それでいて本当に感じる美しさ。んで紅葉だけでなく、水であったり、岩の黒さと緑と赤のコントラストだったり砂の白だったりこの美しさにはコメントの仕様がない。スタッフも言っていました。今年は去年よりきれいだって。
まさに最高のラッキーポイントに来たのではと思いました。
途中からは10班に混じって歩いていました。祭りのときのメンバーで。このメンバーは絡みやすい。ただうちの班はあまり今回はからまなかったっぽい・・・
さてしかし山道。油断するわけには行かないと思いつつ、長野の山猿、登れば登るほど元気になります。一番険しい岩道だろうがなんだろうが平気。そういうことで山頂へ。
さすがにおどされただけあって頂上は風があって寒い。それでも全然元気でしたね。っということで下り。
なんかあえてみんな言わなかったのか・・・くだりのほうがつらいってことを。それでも自分は全然元気です。ホントに一人で帰らしてくれるなら岩道とかすごいスピードで降りたと思われます。
岩道抜けて山道に入ってからはなんかずっと年上の班の人と話していました。なんかあんまり内容は覚えておりませんが、結構楽しかったっす。
いくら元気といったって限界はありまして、道路の残り3.6キロはつらかった。そりゃあ、朝8時から夕方5時40分まで歩いていればそれが疲れる。よく歩いたと思います。この若さでそんなこというと怒られるかもしれませんが・・・
それで昨日から禁止だった風呂に入り、飲み会へ。班で。
自分班のみしか行ってない。それでいいのかな???

しかし班のみは盛り上がりました。山を下っている途中にそういう話になったのですが、この訓練所で一番は誰か?みたいな話です。
正直、この訓練所、誰も動かない。
噂ですが駒ヶ根の訓練所はすごい多くのカップルができているらしいのですが、この訓練所はカップルができたという噂すら流れない。毎隊時、なぜかこの二本松訓練所よりも駒ヶ根訓練所のほうがカップルができる割合が多いらしいのですが、それでも今隊時の二本松訓練所半分が終わろうとしているのにカップルが影でできているとしても、あまりにも少ない。
と思うし、スタッフもおかしい。といってました。
すごい美人なんてあっという間にかっさらっていく人が多いこの世の中、ここの男性は控えめなのか、勇気がないのか、たぶん自分の場合は勇気がないんだろうけど、それでも異常な状態だと思います。
結果、やっぱり美人は美人だね。
男も女も班全員でナンバーワンだけ決めました。自分も納得いかないのは一つあったけどまあ、だいたいは・・・
そんなことで今週の共同生活目標「班の結束を深めよう」を達成したわが班でした。

posted by タケ・S at 16:26| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練39日目

今日で半分が終わりました。日曜なので空手やって雨だったので卓球やって、これ書いて終わった何も大差ない日だったのでとりあえず前半戦、どうだったのかについてかきたいと思います。

まず思ったのが絡みについてです。いろいろな人と話す機会があるのですが、そこで盛り上がった話ができるか、否か。これは非常に難しい問題であります。うざいから。という理由で話をしないというわけにはいきません。
決して話せないわけではありませんが、それでもどうなんだろう?表面の当たり障りのない話の中から盛り上がれる共通の話題を見つけ、それで盛り上がって仲良くなる。これは難しいことだと思いました。

次に思ったのがそれにつながることなんですが発言についてです。半年間、やりたい放題やってきたのがあだとなって安易な簡単な発言が意外と多かったです。というか、基本的に結構深い話をするか、表面の当たり障りのない話をするかが多いので、かといってなかなか深い話といっても、たずねてもなかなか答えてくれない。当然っちゃあ、当然なんですが、それを引き出すトーク能力があってもいいかな?と思います。
それがうまくいかないと「言わなきゃよかった」と言う発言になります。安易な発言ですね。口は災いの元といいますが気をつけよう。と思いました。かといって話さないわけにはいかないですからまあ、それでも気をつかって話そうと思います。

次、飲み会について。自分は今まで3回。すべて班の飲み会です。基本的に酒好きという事で通してはいるのですが、実を言うとそんなに生きている生き物なんです自分。みんな週末となればまず間違いなく、飲みに行く。という人が多い中、自分は別に行かなくたって・・・って言う人なんです。
みんなは酒を飲んでストレス発散という感じなんですが、自分は別に酒を飲まなくたってスポーツしているだけで結構、ストレスなくなるんだよね。そもそもストレスがたまっているのか?といわれると疑問。
たしかに逃げ出したいと思い続けてはきましたが、今はそうでもないけど、それがストレスとなって調子が悪くなったかといえばそうでもない。
そういうことでストレスは平気です。
しかし、酒を飲む。ということは他人との距離を縮めるいいチャンスである事実は変えようのないことなのでできるだけ、違う飲み会にも行こうかな?と思いました。

あとはいじられ方についてです。最初から今までずっとふけ顔ネタはどこでも通用する万能ネタです。それに加え、最近、坊主にしたんですがこれもまた万能ネタ。
結構伸びていましたから何かあったの?とよく聞かれます。あとは非常に外見が怖くなった。そのため、マスクをするだけで「銀行強盗」というネタができます。この頭に触るだけでも1ネタとして成立。
おいしい話題を手に入れました。
しかも野外訓練、登山でなんとなく焼けた。地肌がだいぶ見えているので日に焼けたんですね。それで地肌が赤っぽくなって、髪が黒。その結果、なんとなく紫に見えるらしいです。これで1ネタ。
もう一口で2度おいしい。
くらいな勢いでやっております。

勉強のほうは本当にまだまだです。もっと多くの時間を費やす必要があります。それでも課題というものは完全に見えました。
プレゼンであったり時間の費やし方であったり、そういうわけでこれから改善ですな。

本日、以上

posted by タケ・S at 16:25| 訓練30〜39日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。