2008年06月23日

訓練1~9日目ページガイド

訓練1日目

/101045168.html

訓練2日目

/101045088.html

訓練3日目

/101044996.html

訓練4日目

/101044929.html

訓練5日目

/101044864.html

訓練6日目

/101044605.html

訓練7日目

/101044548.html

訓練8日目

/101044480.html

訓練9日目

/101044418.html



posted by タケ・S at 06:54| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

青年海外協力隊派遣前訓練1日目

今日からついに始まりました。派遣前訓練(今まで本研修と書いてきましたが、正式には派遣前訓練だそうです。
研修
じゃなくて
訓練
だって(0_0)
今日の経過を追っていきます。まず朝6時に飯食って出発。8時半の新幹線に乗りました。んで大宮で乗り換え。そこで今回初のびっくり。
新幹線2階建てだーーーー!!!
自分、初東北なんですけど、ビックリです。東北だけかな?今まで見たことないかも(・_・;)

んで次は福島までです。ところが降りてビックリ(+_+)切符買ったところで間違えたらしく、新幹線は福島まで。乗車券は一つ前の福島で降りて3駅の二本松までだったのです。つまり特急券は足りてるのに乗車券が足りていない。そういうわけで金取られました

ネットで最短の時間で行く。で調べて買ったのがまずかったらしい。いきなりついてない(+o+)
新幹線の中で友達から「いつか、また」っていうメール届くし・・・
俺は訓練終わったらちょっとかえるっちゅうねん。ついてない。

そうそうあとビックリ第2弾。東北の電車ってドアの開閉にボタンついてんだよ。知ってました?知り合いに聞いたら冬とか熱気が漏れないようにだそうです。へーって感じ。
それでついに研修じゃなかった、訓練所のある二本松の駅に着いたわけです。そうするとビックリです。とりあえず 旗持ちの人2人に出迎えの旗、に加えて「ようこそ青年化偉大協力隊の皆様」と明らかにずっとあるであろう時計台 恐るべし二本松・・・よっぽど協力隊員がくると潤うんだろうな。って思ってしまいました。

でも驚くべきはそれだけではなくてついてしばらくすると一本の電車が来たわけですよ。それで技術補完研修の仲間、10人集合。仲間ばっかし。あれ???150人くるはずなのに・・・
ほかにも結構知らないか思いましたけど、仲間が大集合してしまったんでなんか新たな気持ちって気がしなくてビミョー(-_-;)

そんな中、バスに乗って訓練地へ向かいます。Nihonmatsu traning centre、通称NTCと言うらしいです。そこへ行きます。
しかし登る登る。山に登る。バスは山に登り続けます。
・・・
到着
えー、絶対どっかから脱出してやる。と思ったのですが、山の中。何もない。
毎回、誰も脱出しない理由がわかりました(T_T)

着いて、班分けを見てしばらく待ちました。
ふと班分けの紙に派遣国が書いてあった事に気づいて班分けの紙でガーナを探す。
ガーーーーーーーン!!!!!
いっしょに行く女の子がだれもいない。ショックです(ToT)
もうその地点でなんかやる気なくなった。もう勉強やるしかないな。とか思ってしまいました。
あれ?自分何しにきたんだろう( ̄□ ̄;)!!

しばらくすると受付が始まって支給のブレザーをもらって部屋に到着。9uの部屋。なぜか部屋の間取りは台形です(ー_ー)
それで着替えて入所式リハーサル。
・・・リハーサル???
何でそんなことすんのか?と思ったら、お偉いさんとか結構来るみたいで・・・
格好も決まっていて男性、白無地のYシャツ、ネクタイ、支給のブレザー、グレー無地のスラックス、黒ベルト、黒皮靴。女性、白無地のブラウス、グレー無地膝丈のタイトスカート、黒革靴(ローヒール)。しっかりしたカッコしてなきゃいけないとは思うけど、細かいよね。
でも自分、前日にスラックスを買いにいったんですよ。なかったから。でもグレーという色を勘違いしてました。グレー???訳すと灰色。 何でグレーを紺と勘違いしたか、いまだ謎ですが、間違えちゃったんですね。ピンチでした。スタッフに言ったら「誰かから借りてください」だって。もう冷や汗もんで探します。
でも一人目、班の人に聞いたんですよ。まだあってたいして時間たってない人に。そしたら2本、グレーのスラックスを持っている。と。 はいてみました。
ぴったり(裾まで)v(^^)v
そのときからその友達のあだ名はブラザーになりました(^0^)v

そういうわけで事なきを得て、入所式。
なんかリハーサルでは福島県知事まで来るみたいな話だったのにきたのは代理。がっくりです。
でも市長は着ました。二本松市長。でも始めはありがた い話だったのですが、ふと気がつくと市の宣伝をしている。
日本三大ちょうちん祭りの二本松ちょうちん祭り、世界最大である菊人形展。是非とも休みの日には足をのばして・・・

いやー、どっちも知りません。ッていうか、この場所で宣伝しなくたって・・・

そんな感じで入所式も終了。この地点で午後4時です。しかしながらまだまだ全然終わりません。
続きまして、訓練所所長の話。
この話はつまらない面白くない話・・・だと思って聞いていましたが意外と面白かった。というか、思うところがあったので触れたいと思います。 ボランティアはいったい何のためにやるのか?そういう話だったのですが、所長の答えは「結局は自分のためなんだよね。」といったのが、自分の考えと一致したところが面白かった。またそこからの派生で「任国のためにっていう思いが強いと良くない。」とも言ってました。これもなんかいいですね(*^^)/
その話を聞いて最近、ヒットしているバガボンドのある一説を思い出しました。
「何かにとらわれると剣はでない」
この言葉は自分は非常に好きで座右の銘にしようかな。くらい考えている言葉でして、人間、こう、なんていったらいいのかな、一つのことにとらわれすぎると何にも見えなくなってしまう、その状態が一番人間のだめな状態である。と思う。バカップルとかがいい例でしょう(^_^;) ほかの例を挙げるといじめられている子を救うには真正面から解決するのも大事だがそれしかやっていないとますます深みにはまってしまう。何か楽しい趣味かなんかを始めさせるとえてして簡単に解決してしまうことがある。みたいな感じかな(´〜`)

ちょっと主観ばっかりだったので、一つ客観的事実を公開(#^0^#)
訓練所にくるまでいくつかの試験をしましたがその基準は全部で5つ。
一、環境が悪いところでも健康が保てる。
一、異文化を受け入れることができる文化的要素を持つ。
一、思考的な弾力性がある。
一、表現力や説得力がある。
一、困難を克服する力がある。
だそうです。ふーん、そんな風に見えない人間も結構いると思うけどな・・・その一番は自分かな(?_?)
そうそうあとえー、合格率ですが5000人受けて受かるのは600人。12%ですな。結構すごいんだな。と思いました。もっとなんか簡単にうかれるもののような気がしたもので・・・すいませんm(__)m
さて話は経過に戻ります。そんなこんなで話が終わって連絡事項を受け、着替え、晩飯食って、送った荷物をとりに行きます。
そこでアクシデント。長年使っていたジーパンが破けました(×_×)ノーーー!!!たしかに結構、きてる奴だったんですけどデニムなのに〜。何も重い思いして持ってきたのに初日で破けなくたって・・・

気を取り直してこれで終わり・・・ではなくてここからもう一度制服でオリエンテーション。
行く前にたまたまスタッフの人と話す機会があって話を聞いたらここに立てているのは実はすごいことらしくてすごい山の斜めの所にこの建物を建てたらしいです。どうも階段がおかしいと思ったんだよね(;^_^A

ここに来て疲れているところなのにまだやります。約2時間の話。ここでまたやってしまいまして制服なのに靴変えんの忘れて、おこらるのではとひやひやでした(~~;)
21時半まで頑張りましてやっと終了。でも10時で風呂がしまるからまたそこで格闘(+_+)
やっと23時消灯。ということで一日目、終了です。

基本的にミスしすぎです、自分。調子に乗ってんだか、なんだかわかりませんがもう少しは気を引き締めていこうかな?と思った自分でした、反省(_ _)/[

追伸 なんか自分たち「隊員候補生」というわけがわからない身分らしいです。隊員ではまだだめなんでしょうな、やっぱり 0o。(^o^)y-

posted by タケ・S at 17:32| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練2日目

朝、自分強いので昨日寝たのが12時半だろうと6時前には起きられますv(^^)v でも起きてビックリ。周りの部屋の目覚まし、全部、丸聞こえ(・_・;)もうとっくにおきてるよって感じでした (´〜`)
そんで6時半に外、集合。女性はいきなり2日目の朝にしてすっぴん披露(0_0)ホントの歳が見えてきました(-_-;)
そんで国旗掲揚から始まって、ラジオ体操。まさか第二までみっちりやるとは・・・何年ぶりだろう???
んで今日はランニングではなく、ウォーキングからランニングでした。いやー、最後結構、急な登り坂、つらいよ(*_*)
んでシャワー、飯・・・

ここではっきり言わしてくださいm(__)m昨日、周りが飯、結構、いけるっていうからなにも言わなかったけど、飯がまずい
おかずはほんとにそこそこだけどご飯がおいしくない。硬い。ふっくら柔らかじゃないんだもん。つやもないし・・・
こんなことでガーナで暮らしていけるのか?ってツッコミはやめて(o^_^o)

さてここで問題が・・・自分、団体行動が好きではありません。その理由はチンタラして進まないと腹立つからです。サクサク進む。そういう仲間といっしょにいるのが大好きですのでそうすると団体行動が嫌いになるわけなんですが、みんな結構チンタラするの好きっぽいです(;^_^Aどうしよっかな?

そのあとは清掃。これもいったいいつ以来だか・・・
そして制服に着替えてオリエンテーション。今回は提出物てんこ盛り。誓約書、印鑑、戸籍抄本、銀行口座番号届け、預金通帳コピー、運転記録証明書、身分証明書のコピー、未使用の訓練入所証明書、隊員履歴書、以上です。
この中で面白かったのが誓約書。
その中でひっかかった内容を載せます。
訓練期間中に知りえた国際協力事業団および相手国政府機関などの秘密を、訓練期間中のみならず訓練期間終了後においても手段の如何を問わず他に漏らさないこと。これを担保とするため、派遣前訓練期間中に派遣に伴う事項に関する寄稿、出版、インターネットホームページへの掲載、講演などを実施しようとするときは、予め訓練所の所長の承認を得ること。
という誓約書にサインしました。というわけでこのホームページは、失敗するとやばいです、気をつけよう(・_・)/
履歴書は履歴書で派遣国やいろいろなところに出すらしく、すごいしっかり書かされました。けっこうめんどかった。
それを約3時間近くやって飯。
そのあと理数科教師だけ、ガイダンスが・・・
そこでいきなり英語の先生登場、しかもマッチョで怖そう。なんかイメージはアメリカのカーボーイ。なんだと思ったら理数科教師は大変だから。という注意。毎回、日曜日はフリーの日なんですが、遊びに行くのはよく考えてからいけ!との指示。まあ、ありがたいわね。ほんとに(-_-;) どうやら理数科教師が一番大変と言う噂は本当のようです( ̄□ ̄;)!!
しかもなんかけっこうみんな英語がわかっている雰囲気。英会話スクールに3ヶ月言ってはいましたが内容はだいたいわかったって感じ。しかもですね、日本語で聞いていたって話の中でいくつか、確認をとって話を聞くもんですよね、普通。しかし英語なもんで確認がとれない(~~;)大変でした。

つつきましてEPテストと呼ばれる英語のクラス分けを決める英語の試験。うーん、イメージとしてはTOEIC試験のちょっと簡易版みたいな感じだった。そんなに難しくはないのだが、なんせ、単語とかけっこう忘れてる。大学受験のときならわかったようなものがわからず、また疲れがたまっているのか、なんなのか、最後の方は集中力ゼロ。早く終わらないかな。と思う感じ。
結果はもう少しあとにわかるみたい。みんなはどれくらいできたのだろう?って感じでした。
この辺で感じたのはなんか生きていくのに余裕がなくなっている。ということでした。これも自分は大嫌いなんです。やっぱり自分は周りを全部見て、いろいろな視点、客観的だったり、なんなりをしてすごさが出てくる人間なので・・・余裕をいかに持ちながらやるのか、それがこれからの当面の課題になりそうです(~へ~)
さてそのあとは、協力隊事務局長のありがたい話。これの感想ははレポートとして出さなくてはいけないものであります。ということで話が終わって3時間後くらいにはもう終わってましたのでそれを直して更新したいと思います。 ( )内は直し、補足


青年海外協力隊の理念をきいて
この話の始めに(青年協力隊に参加できるということに対して)周りに感謝を忘れるな。という話を聞きました。自分は家族とか、友達とか、別に何も考えずに応募して、この訓練所に来ているのでそれについてはそんなに思うところはなかったのですが、国民全体のサポートを受けていく。税金で、ODAで資金がきていると聞くと、身のしまる思いでした。(協力隊の資金は全部、ODAから来ているそうです。話に聞いたところによると一人頭1000万円かかるらしいです)国から代表として行くということがなんとなく実感として感じたからです。今までも、協力隊に行って、現地の人は自分イコール「日本人」というものを感じるとは聞いていたのですが、それの裏にある思い責任というものをこの話を通じて再認識しました。それでもうしばらくすると独立行政法人化で国際協力機構になる。ますます責任は重くなると思いました。(独法化でだいぶいろいろ変わるみたいです)
次にこの協力隊は政府に雇われている感覚ではないか?ボランティアではないのではないか?という話を聞きました。その話は自分も前々から思っていて、生活費などそういうものが出るのでボランティアではないのではないか。と思っていたので、これについてはいろいろ思うことが多かったです。(お金のことも正確に書きましょう。えー、とりあえず技術補完研修中は、一日1800円が支給で宿泊費はただしたが、この訓練中は1日800円。もちろん宿泊費はただ。それとは聞いた話なんですが、別に国内積立金というのが5万1ヶ月あたり入るそうです。それは派遣されると1ヶ月10万弱になり、それは国内の積立金、あとは現地で中流階級くらいの給料が出るらしいです。もちろん移動代も出ます。また支度金もあるそうです。数字は正確にわかったら直します。)
お話では、実際に一人でボランティアをやるには現地のニーズやお互いがどんな人間であるかわからない。現地での調整など相手国に在国中の支援などが問題となり、そういう問題を解決するために、需要と供給の架け橋になるのがJICAである。サポートなくしてはボランティアはできずそのために国でボランティアを推進するのは当然である。税金は国民のために使われる。世界が一つの国であると考えれば、ボランティアにお金を出すのは問題ない。このことに関しては、自分はこの協力隊では、ボランティアではなく、国に雇われて仕事に行く感覚でした。だから別にお金が動くことに関しては問題ない、つまりボランティアではないと思っていたのですが、質問でボランティアはお金を払ってやるものだ。という意見が出て、ボランティアというものがいったい何なのか。考えてしまいました。ボランティアの側面として志を応援する。仕事ではないので一定期間で終わる。日本を知ってもらい、途上国理解を深めるという相互理解。があるとお話では聞きました。それを聞いて、ボランティアというのは高い志を持って行うがずっと個人が続けられるものではなく、そのこと自体の趣旨というものが多くあるもの。そんなものではないか、と思いました。(どうやらアメリカ、イギリスはもっと安い賃金フランスなどは同等でてるって言ってました。確かかどうかはわかんないけど・・・。自分的には多いと思います。だってこの研修中だって74000円入っているわけですよ。出費は諸経費のみ。ただ勉強しているだけでこれだけもらえるなんて相当、ありがたいと思います。)
この協力隊の発足のきっかけは、アメリカの平和部隊。アメリカのフロンティア精神をアメリカ内だけではなく、もっと東のアジア、アフリカまで。ということでした。それに若い人の応募が集まり、始まった。自分とかと似ているな。と思いました。若いうちに何していいか、よくわからない。そんな中で力を使えそうで人の役にも立ち、自分の成長にもつながる。自分のここに来た理由が発足のきっかけと同じであるのは、悪い気はしないです。
現地での活動については24時間、730日、協力隊員でいること。という話でした。現地では日本と違ったやり方をしているが、日本のやり方が正しいとは限らない。物事にはその場所にあったやり方がある。仕事ではない部分で社会に溶け込み見えてくるものがある。観察しながらどうすればいいのか?それができれば良い。押し付けるのではなく、盗んでもらうのが一番良い。ということでした。この話を聞いて思ったのは、以前にホームページでガーナはもっと勤勉になれば発展する。見たいな事が書いてあったホームページを思い出しました。でも発展すればいいというものではない。日本みたいに発展して、勤勉に働いているが、サービス残業とはそういうものもあり、それで幸せになっているわけではないな。と思いました。(本当に日本とガーナとどっちが幸せなんだろう。物質的に豊かであるのが幸せなのかね?)
向こうに行っての究極の課題はいかに人材を育てるか?であると聞きました。やっぱり向こうにいってやれることは少ないと思います。でもそれを一生懸命やる。できることに最善を尽くすことが重要である。と思います。技術だけでなく、ほかのものも学び学ばれる。いい加減に過ごそうと思えば、本当につまらない、無駄な2年間を送ることになる。と思いました。
日本は一番安全な国である。身の回りのものに対して大きなギャップがある。タバコの箱買いの話は非常に驚きました。そういう意識の差から学べるものもあると思います。日本という国がいかに裕福であるか、そういうことが言葉としてではなく、実感としてわかると思います。そういうことに気をつけられるといいと思いました。(そうですね、安全意識だけは要注意です。向こうの意識では置いてほったらかしにしてある物は持っていくのが当たり前。罪の意識はないって聞いたことあります。)
この訓練ではみんなが向いているわけではない。適正を見る時間である。公的な事業であるので制約がある。そういう話でした。これは「訓練」です。技術補完「研修」のときとは違います。向こうに行ったときと同じでやっぱりできることに最善を尽くすことを心がけたいです。 まとめとして、青年海外協力隊というものは甘いものではない。何一つとっても重要なもので、この研修をとったとしても、家族なり国なりから期待を受けてその責任を持っている。そういうものを忘れないように頑張りたい。


まあ、こんな文章を書きました。
そして風呂、飯で今度は班別ミーティング。自分は(略)班です。この班分けただあいうえお順に並べただけです。男女別に。そこで自己紹介したんですがビックリです。班員は男7人、女6人ですが、基本的に協力隊の平均年齢27歳だそうですがうちの班、40歳2人。36歳1人。特に36歳の人は見えません。っていうか、平均年齢高すぎです。年齢を自己紹介で言った人だけの平均をとると31.3歳・・・☆ ̄(>。☆) そうそうここでかわいい女の人がいたんです。やっぱり自分は小さくてかわいい人が好みのようです。まず何より小さい人に目が行ってしまう自分がここにいました(^_^;)
その人は24歳。学生で、休学して来ているそうです。・・・がビックリしました。挨拶は三度の飯よりタバコが大好き。しかも、小さいし、かわいいんでどんな声を出すのかと思ったらすごい低い声だすんですよ。自分、けっこう女性の声もポイントなんですよ。やっぱり落ち着ける声ってない?
というわけでやっぱし勉強するしかないみたいです・・・っていうか何しに来たんだ、自分(?_?)
そのミーティングでは班長、副班長、講座係、図書係、講座係、全体日直、消防班、そんなもんかね、決めました。自分は消防班です。一番、楽です。ごめんなさいm(__)m
そうそうあとプリンタ無いそうです。持参しているつわものがいるから何とかなるもののそうでなかったらさっき書いた文章、手で書き写し名ところでした。なんか海外に行くための準備の場所という扱いらしいんですけどここ。あるものないものしっかり書いといて欲しいわ、ホンマに(~へ~) それでやっと一日終了です。
やー、まだこれからオリエンテーションばっかりでなんか疲れそうです。でも普通の授業になっても大変なんだろうな・・・

posted by タケ・S at 17:31| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練3日目

さあ、3日目です。
やっぱりどうも寝つきが悪いのか、気持ちが張ってるからなのか、遅く寝ても早く起きてしまいますね。
もちろん、朝のランニングから始まります。6時25分から。今日は深い深い霧のお出迎えを受けました。霧が出るってことは寒いってことですよ(>_<)
いやー、ホント寒い。洋服を明らかに間違えた気がします。だって夏物なしで冬物がいる。自分の予定としては一ヶ月位してから、冬物を送ってもらおうとおもって持ってきてないので、やばいっす。風邪ひかないよう要注意(-_-)

今日はそれで国旗掲揚について言いましょう。毎日、まず国旗掲揚があるわけですよ。JICA期、日の丸、あともう一カ国(毎日違う)のをそのもう一カ国の国歌とともにあがっていきます。しかし昔から皆さん、経験ありません?音楽終わると同時に旗があがらない、非常にむなしいです(0_0) でもここではそれが相手国に失礼だということで、国歌の時間まで正確に測り、うまく上がるように指示しています。先人の知恵だね(^0^)v

さてランニング、山道はつらい。ただその一言に尽きますね。
そのあと、シャワーで飯。制服に着替えて、また所長の話です。
・・・何で所長の話があるわけ?初日にやったやん、おっさん。って感じ。何でここで所長の長い話を聞かなきゃいけないのか、さっぱり(?_?) しかも次回に続く。みたいな話をしまして、え!?まだやんの?と思いました。話はちょっと外国のルールみたいなものを紹介です。異性が部屋に来たときは扉を閉めてはいけません。閉めるということはOKです。ということだそうです。気をつけましょう。あとは部屋履きで飯を食いに行く日本人が多いらしいです。外履きしかない外国ですがやはり部屋履きは違うみたい。気をつけましょう。

えー、そのあとは診療室オリエンテーション。医療関係の話。
どうやら今日、体調不良で一人、リタイヤだそうです。どうやら3時隊に回るらしいです。(自分たちは15年2時隊) いやー、リタイヤはいやですな。まだいいかもしれませんが長くやればやるほどその別れのむなしさは増しそうだから・・・ いろいろ聞いたんですがその中でインパクトがある奴を一つ。

火曜日は注射の日

・・・自分が小学生だったら火曜日は学校に行きません(^^ゞでもここでは命かかってますからね。みんなもちろん、受けます。その注射について並べましょう。
9月9日、16日、10月7日:Rabies(狂犬病)接種量1.0
9月30日:Polio(急性灰白髄炎)0.05
9月30日:Tetanus(破傷風9)0.5
10月14日、28日:Hapatitis A(A型肝炎)0.5
9月22日、10月21日:Hapatitis B(B型肝炎)0.5 11月4日、11日:Japanese Encephalitis(日本脳炎)1.0
11月4日Yellow Fever(黄熱病)0.5
もちろん全部やるわけではありません。肝炎は抗体がある人はやらないですし日本脳炎はアジアに派遣されて抗体を持ってない人。黄熱病はアフリカに派遣される人だけです。つまり自分は日本脳炎以外全部。・・・多いね(>_<)
そうそうあとは、いったいどのくらいの人が行って死んでいるのか?どうやら話の中では60数名だそうです。その原因第一位は交通事故。次が病気みたいです。今まで派遣された人数は23000人以上。そうするとまあだいたい0.3%の人が死んでいることになりまして、1000人に3人くらいの割合で死んでいることになります。今回のこの二本松訓練所には139名(今のところ1人リタイヤ)駒ヶ根と広尾にも訓練所がありまして、全部でだいたい330人くらいかな?そうするとその隊時隊時1人死んでいる計算になります。そんなもんですね(~~;)

あとはずっと飯をはさんでオリエンテーションだらけ。
でもこれだけ集まるとすごい奴もいます。
ずっとだらけて書類読んでるスタッフの人がいたわけですよ。そこに一喝
「あのー、あとで読んでおきますので重要なトコだけ説明お願いします。」
しかもこれ、自分の一番、仲のいい友達です。いやー、いくら怖いもの知らずの自分でもそんなことはいえません。だって150人で聞いてるわけですよ。でかい講堂で。そこで一瞬の隙に手を挙げてそんなことを言うなんてすごいね(#^0^#)怒り出すんじゃないか。と心配してしまいました。 あとはそうですね、そのオリエンテーションの中であった話で興味深いのを一つ。
透明性を出すために結構、いろいろなことを市民に公開しているらしいんです。でもやっぱり中にはそういう中でも疲れて、寝てしまう人がいるらしくて、「国民の税金でやってるのにいい気なもんですね」とあるスタッフは言われたことがあるそうです。
たしかにそうだね。・・・といいたいところなんだけど、その人が努力をして疲れたあとかもしれないじゃん。・・・これも身内をかばう発言でやな感じ。でも国から金もらっているってことはそんなに責任が重いんですかね(?_?)
その発言のおかげでオリエンテーションは予定よりも1時間以上早く終わり、自由時間が増えまして、自分はホームページにのせる文章をせっせと書いていました。
テストもレポートもあるのに・・・

あとは飯食って自由時間。土曜の夜は門限は22時です。そういうわけで飲みに行ったつわもの共もいたみたいです。自分は明日、班で飲みがあるので行かなきゃいけません。
レポート、テストあるのに・・・
これを書く時間、1時間くらいですが結構バカにならない。
全体的になめていた感じは否めないかな?気候とか、そういうものも含めて・・・いやーすんません、国の金でくらしてまーす(^^ゞ

posted by タケ・S at 17:30| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練4日目

とは言え、今日は日曜日。決まった活動はありません。一日、自由です。というわけで何をしたかといいますと、えー、まず朝っぱらからランニング。
いつもは強制イベントとしてのランニングですが今日は友達がやろう。って言うもんだからついついそれにのって走ってしましました(^0^)v
しかしながら今までは下る坂道はウォーキング、登りランニングであったのでその大変さがわからなかったのですが、朝起きたてで下りを走るのは危ない。まだボーっとしているうちだと転んで怪我をする可能性、あります。毎年、その最初にランニングで怪我してリタイヤが出るのもうなずけました。でもランニングで怪我して派遣延期になったなんて周りには言えないよね(-_-;)
まあ、しかしただランニングといったらもったいないのでだいぶ山を降りたところのコンビニに行くことにしました。
しかし非常に遠い。はっきり行ってコンビニではありません。便利じゃないもん。まあ、道がわからなくて迷ったりしてですが、走って20分。
・・・・・・
自分これからアンコンビニエント(不便な)略してアンコンと呼ぶことにします( ̄□ ̄;)!!
往復で3、4キロ?4、5キロあります。というわけで最後、登り坂走り続けることができませんでした。足が疲れちゃって。いやー、明日からも大変だ(;^_^A

そのあと、帰ってきてこの文、一日目、二日目完成させました。一日目、ワードでA4、3枚半。二日目に至ってはA4、4枚半というまあ、書きも書いたりって感じ。
そうそう、あとネット環境の改善を目指しましたがまだつなげません。
今の状況を説明しますと、とりあえず自分は家ではケーブルテレビの回線でつないでいたのでプロバイダーがありません。というわけでプロバイダー契約をしている友達から借りてしまおうとたくらんだわけですが、基本的にみんなADSL契約をしているわけです。自分たちの今の環境は公衆電話からつながなくてはいけないのでダイヤルアップ接続という、いうなれば普通の電話回線でつながなくてはいけないのです。そうするとどうなるの?って言うのが今の問題。というわけでいまだつなげず、悪戦苦闘中(~~;)

それに呼応するように午前中はずっと外は霧でした。
午後はひたすら寝てしまいました。レポートやろうと思っていたのに・・・
朝っぱらからのマラソンが効いたね。
そうすると今日の夜は班の仲間内で飲もう。ということになっていたのでそれにでないわけには行きません。まだ70日以上丸まる残っている訓練。仲間は大事にしないとね。ってことで行ってきました。レポート明日までなのに。テスト明日あるのに・・・
飲み会自体は非常に楽しかったですし、また議論ができて楽しかったんですが、今回も言われてしまいました。・・・27歳。金髪切ったのに若くならない(T_T)いいんだ、いいんだ。老け顔パワー見せてやる。みとれ!このやろー!

さて、議論についても書いておかないと自分の文らしくないので書きたいと思います。さて飲み会で残り全員の年齢を聞いて平均を出すと28.85歳。22と23が入ったのが大きかったすね。だいぶ全体平均に近い値になってます。それでもやっぱり差はあるわけで・・・自分にはやっぱりわからないんですよ。もういい大人になっているのにこの協力隊に参加する気持ちが。定職について、安定した生活をするといいと思うんですよ。これに参加すれば2年間、空くわけでほとんどの人が仕事をやめて来ている。現職参加の人もわかりませんよ。2年間も空けるわけですから、もとの位置に戻れるか。また出世にも影響あると思うんですよ。自分は若いから勢いに任せていけるし、怖いものないし、守るものないし。でももうあと5年もして27、8になればそういうわけにも行かないと思うんですよ。女性なんて結婚どうすんの?って思ってしまいます。余計なお世話ですいませんm(__)m
でもその人たちが言うにはそんなに若くして行く気持ちがわからない。というんです。若いときはもっとあそんどけばって感じなのか、どうなのか、それについては何も言ってはくれなかったけど、そういう考え方もあるのか、とただそう思ってしまいました。 彼らは自分たちの歳があったのでわかるはずです。そのころの考えていたこと、やっていたこと。でも自分は彼らの考えていることはわかりません。歳的に当たり前なんだけど・・・そうすると彼らがそういうってことは何か、この歳で日本でしか、得られないものを得た。ということになります。
それが自分は無くなり、ガーナでしか得られないものを得にいく。将来、吉と出るか、凶と出るかは将来になってみないとわかりませんね。 あとは微妙なのが言葉です。学生時代は浪人してようがダブってようがためはためです。だから言葉はため語。しかしここではどうなんだろう?微妙に混ぜて使ってはいますが、いつか怒られそうです(^_^;)
そんな感じで今日は終了。

追伸 自分、要領がいい。と言われました。それってほめ言葉???
以上

posted by タケ・S at 17:29| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練5日目


今日は、昨日酒飲んで早く寝てしまったため、朝っぱら早くから活動です。といっても、朝の3時から動き出す自分も自分なんですが・・・
朝の三時からレポートの開始。それは理数科教師という職種のみの宿題でほかの方はないもんだから、なんかそんした気分になってはいるものの、やらないわけにはいかず、一人、宿泊棟と呼ばれる寝泊りする棟から管理等と呼ばれる主に言語訓練をするところに言って不審に調べ物をしつつ、レポートをやりました。やってみると意外と時間はかかりませんでしたがこのあとはどうなのかって感じかな(・・?)
そうすっと朝の6時半からのラジオ体操なんて起きるのにつらいわけがなく(そりゃ、起きてますからね)そのまま突入です。
本日はラジオ体操に、日本全国ラジオ体操を広めている有名な人がきました。ということで一からラジオ体操について学びました。
いやー、意外と知らないこととか多いもんだね。
まず最初の伸びる運動の次の運動。あの運動はほとんどかかとをついてやってはいけないらしいですよ。それでやってみると結構つらい体操ですよ。そんであの前へ倒れて前屈して、後ろに反る運動の効果でまさか、腸のぜん動運動にまでいい影響がでるとは知りませんでした。女性の方はぜひあれ、毎日やってください。あとラジオ体操第二。あれは職場運動みたいな感じで作られたらしく、子供がやるには難しいらしいです。あとはラジオ体操のもとはアメリカらしいっすよ。
へーーーーーーーーーーーーーーー(o^_^o)

ここで唐突に「気になる。」
筋肉って必ず〜筋って言いますよね。三角筋とか腹直筋、緋腹筋など(漢字間違ってたらすいません)全部、日本語になっているはずなのに・・・ ハムストリングだけなってない。

注 ふともも浦の大きな筋肉のこと
どうしてだろう???
そんな話があったので、触れてみました。
それで午前中は飯食って清掃して、今日はそのラジオ体操のおっさんおじさんにいろいろ教わりました。単純なゲームや運動でもたのしいっすね(^-^)/なんでだろう?知らない人がおおいからかな???

そのあとは制服に着替え、昼食です。
今回の飯は豪勢に立食パーティー。いやー、税金が多く使われちゃってすいません(ー_ー)
自分はこういう移動できるパーティーみたいな局地戦には非常に強いんだけど、コンパとかでも固定席だと非常に弱い人間なんですが、ここは・・・いやー、だいぶ居づらいかったね。何がすごいって普通138人いればいづらそうにしている人っているじゃん。困ったときはそういう人と話していればいいんだけど、今回はそんな人いない。何かしら誰かと話している。みんな、同じ志を持つ仲間で、しかもそれなりに覚悟が決まっている人間たちなんですよ。そうすると、みんな社交的にそういう場所で話せないなんてことは無いんですね。
しかし自分も別にただ暴れられなかっただけで、普通の人と同じくらいは話しましたよ。その間、カメラ取りに行ったり、レポート出しに行ったり1時間というその間で、やることもやって話すという苦労もあったのでまあ、そんなもんでしょう。

んでそのあとが最高です。講堂に全員集まって一人一分の自己紹介。みんな見ている中でステージにあがってしゃべるわけです。
このステージはしかしながら最初から最後までみんな味方なんですよ。こうつまらないから冷めちゃって、どうしようもない。みたいなそんなことはなく、もうほんとに温かい目で見る。つまらなくても笑う。いや、そんなに面白くない人なんていなかったんですけど、それでもほんとにみんな好い人です。
でも、その話を聞いていると、薬剤師やってました。救急救命士やってました。政治家の秘書やってました。店をたたんで来ました。昔、テレビのレポーターやってました。韓国人、中国人と組んで歌出してたプロでした。とかいやー、まあそうじゃないのもいますけど、そのまま仕事続けていれば、人生安泰に生きられるんじゃないの?みたいな人たちが多くて、いやー、どうしてそんなリスクを負ってまでこんなところに来ちゃうのか、わかりません。
ちょっと話を聞くと「あなたといっしょですよ」っていうですけど、いっしょって俺はだってねぇ、化学で将来、飯食っていくのやだなあ。とおもって、でももっと勉強したいな。と思ってきているわけですよ。もちろん、仕事を与えられますし、その責任を果たすつもりではいますよ。でもこれは自分にとって将来へのワンステップです。言ってしまえば大学院に行く代わりに行くんですよ。それといっしょといわれてもね、どうなんでしょう。それについてはもっとたってから。ということで・・・
それでも一ネタ、パラパラ踊ったり、なんか小道具持ってきたり、体操させたり、ひたすらしゃべったり、まあまじめにやった人もいましたが、変な奴ばっかりだな v(^^)v

自分の自己紹介ですが、ぶっちゃけ、相当びびりました。そういえば、前、占い師があなたは演説するのとかはだめですね、と言われたのを思い出して、そうだな。と納得してしましました。
えー、言ったことは、名前、派遣先、班。ここからはネタです。でもぶっちゃけ、うけなくてもいいスラッと流すなら流してくれって言うことを言おうと思ったんですよ。はなから受けを狙いにいくネタはリスクが高いからね。
それで26、28、挙句の果てに36って言われたんですが、自分、22です。だからふけ顔、ふけ顔っていわないでください。といったらえーって言うか、ちょっと笑いもとりまして、あとは坊主にしたんだけど先がちょっと金髪で、それは女にふられたわけではなく、ただの切り残しです。なんかあったの?と心配してくださった方、ご心配なく。といったらご心配なくという発言の微妙さに笑いが起こり、まあ良かったかな。という感じでした。そのあと公用旅券の写真を撮る為にサインしたんですけどちょっと震え気味でした。気がちっちゃいな。自分(>_<)
そうそうここで、前、紹介できなかった事項を報告。
その班の自己紹介で石垣島に59日間、技術補完研修で泊まった。なんて奴がいて、おいおい。と思いました。税金が・・・だいたい60万だって(*_*)
まあ、でもそれは養殖という特殊分野でどうしても、石垣島に行かなくては行けなかったのかもしれない。
でも日本語教師がビジネスホテルにいっぱい泊まってその費用が60万だった。というのは明らかにどうだったのかと思われます。
技術補完研修は基本的に研修前の補完なので、別にやらない人はやらなくていいんですよ。日本語教師は結構いっぱいいるんだから、その補完研修やらなくても良かったんじゃないの?と思います。
しかし、これは未確認、本人に聞いたわけではなく、聞いた話を聞いたので実際どうなのかは聞いてからまた書きたいと思います。忘れないうちに書いた。ということで・・・
さてそのあとはテストがありました。青年海外協力隊に関する、いままでの歴史だったり関係機関の正式名称だったり、自分、たいして勉強してなかったので実は自己紹介の最初で内職してたんですがm(__)m、それでも飯までと飯後、勉強してテストに望みました。しかし、そのテスト出回っていた過去問といっしょだったので大体できました。60点以上が合格。それくらいは言っていると思います。
しかしですね、10月1日から独立行政法人化でいろいろ変わるんですよ。そうすると来期の15年3時隊からは過去問が使えないんじゃないか?と思います。ということは怪我か何かをして、次の隊にまわされるとつらいな。と思いました。(どうやら怪我とか病気で研修が続けられなくなると、次の隊時にまわされるみたいです。でも費用はただですから、どうなんでしょうね?)
テスト消化。んでレポートもやってある。理数科教師のプレゼンはまだ先。これから先、あるかないかわからない自由時間だ。と思い、スポーツをやることにしました。理数科教師の仲間を誘って、フットサル。
頑張りすぎて、足の裏の親指の下の皮、べろっと剥けました。明日のマラソンはしれっかな?
だいぶ、運動がまだ足りてないね。
そのフットサルで体育会系の方と仲良くなりました。
あれ???どうしていつも体育会系の方とばっかり仲良くなってしまうんでしょうか。自分としてはそれもいいけど文化的な女性とかと仲良くなりたいな。と思う今日この頃。やっぱりここまできても男に困らず女に困る自分がでているようで怖い( ̄□ ̄;)!!

追伸 やっぱり土日は自由時間が多いので遊びに行くことを考えている人が多いんですけど、実は近くの大きい都市は郡山。そこまでいって帰ってくるとなんと2000円もかかるんです。高すぎだよ。福島県・・・

posted by タケ・S at 17:28| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練6日目

今日は、昨日、スポーツで頑張っちゃったせいか、起きるのが大変でした。ちょっと疲れは残っていますがそれでも起きないわけにはいきません。 えー、足の皮が剥けてはいますが、マラソンも非常に重要なことで一つの業務。すごい注意を受けているんですが、これは語学の授業と同じであり、これはちょっと体調が悪いからといって欠席できるものではありません。
というわけで昨日、一生懸命やったテーピングが働いてくれることを期待していざ朝の集まりへ。
今日からはウォーキングなしの最初からのランニングです。足の方はすこぶる快調。痛みはちょっとはありますが問題ありません。
そういうわけで最後にダッシュする余裕まで見せてはやいほうでゴール。
しかしですね、この時期の山にはトンボがいっぱい。これほどのトンボに迎えられている自分たちは幸せです。

さてその後は、飯食って掃除して、オリエンテーション。
ここでは語学に関することをまずいわれました。ここでの訓練のメインは語学です。ひたすら英語をやってストレスがめちゃたまっても英語をやる。そういう世界だと噂は聞いていました。それに研修棟と呼ばれる棟は(全部で4つの棟がある)入ったら日本語禁止。それも噂で聞いていたのですがホントでした(>_<)さて明日からいかに???
さてそのオリエンテーションで言われたインパクトある言葉をここに載せたいと思います。

日常会話程度の言語では仕事にならん。
世の中、何でも勉強になる。
もうここは日本ではない。半分任地である。
この訓練は第3次面接中。
自発的に勉強すべし。ここでの勉強時間は220時間。(この勉強時間は中学で習う英語の授業と同じらしいです)
後はいろいろな人と話すべし。

ん〜、ここでは簡単にいうと覚悟を求められました。要するに勉強をする覚悟を決めろ。そういうことだと思います。 やっぱり自分は、そういう覚悟があるのか?と聞かれてどうなんでしょう。たしかにいって苛酷な環境で暮らす覚悟はありますよ。でもこのそれと同等か、もしくはそれ以上の覚悟を決めろ。といわれたらどうでしょう?
やっぱりここは日本ですし・・・
でも不思議なものでまあ、そんな覚悟が無くても勉強はするでしょうし、そうそう英語のテストの結果は理数科教師内21人のなかで11番。 上々です(^-^)/
だって留学してた奴。暮らしていた奴、いろいろな奴がいる中で一度、シアトルに行ったことがあるくらいの男です。高校時代、英語の先生が大嫌いでまったく勉強しなかったどころか、英語が大嫌いになった男です。
そういうわけで上々です。
でも頑張って勉強しようと思います。できるだけ最後のテストで上位に上がれるように・・・
それで昼飯から避難訓練をしました。
ここでちょっと説明を。棟は全部で四つありましてその中にみんなが泊まっている宿泊棟と言うのがあるんです。それも4つありまして、A、B、C、D棟があります。
自分はC棟の一階に住んでいます。
さて避難くれんの設定ですがどこかから出火する事になっていまして、どこから出火するかは、わからない。ということになっていたんですが・・・
基本的にBおよびDは端っこの棟であるので出火の確立は低いです。んでまあ、出火するなら一階ですよね。
そうするととりあえず一番確率が高いのはA棟一階か、C棟一階ということになります。
・・・そうなるともうあれですね。まず間違いなく、C棟の一階から出火は間違いない。だって俺がいるんだもん。なんか、そういう星のもとに生まれた人っていません?
それ俺です(-_-)

というわけでC棟の一階、しかも男性側、女性側あるんですけど、言うまでも無く、男性側で出火。出火といっても発炎筒を燃やして後、火元って書いてあるものが置いてあるだけだったんですけど・・・
でも発炎筒ですごい量の煙(~~;)自分、消化班だったんで初期消火をしろと言われて、でも何していいか、わからない(-_-;)とりあえず火元と書いてある箱を外に出したんだけど、それは違うよ。って消防の人に言われて戻しました(-_-;)
今、考えるとなんてバカなことをしているんだろう(;^_^A
正しくは消火器をもってこい。そういうことだったらしいです。でも消火器の位置知らなかったんだけどね(>_<)

えー、まあ、すごい煙を吸わされ、のどが痛いまま避難し、すごく機嫌が悪くなっていたわけですが、その後、消火器の実演を見て仲間がやって、その後放水実演に参加。自分のほかは女性二人。ちょっと無理があるだろ。と思いつつ、問題なく終了。
後ははしごからの脱出を見て終了です。
その後のミーティングで
「6班の人は焼け死んでましたね。窓を開けてしっかりやってください。」といわれてのどが痛くてむかついていたところにますますむかついた。おめーらさっき指示で窓閉めろいうたやんけ!!!
というわけで終わったあと、消防署の人とっ捕まえて聞いたりました。窓開けたほうがいいのか。しめたほうがいいのか。 「答えは時と場合による非常に難しい問題です。」
だそうです。
こんのやろー、スタッフ。間違った指示出すんじゃねえよ。と思いました。
煙にまかれそうなときは窓オープン、そうでないときはしめて酸素を止めようね0o。(^o^)y-

さてその後は予防接種です。
火曜日は注射の日。
火曜日のたびに自分の中に抗体が増えていきます。
今日は、狂犬病の抗体(1)を手に入れた。(2回あります)
その注射は筋肉注射。皮下注射とどこが違うんでしょう。

あとは自由時間です。ここでは自由時間は自主計画という名前で呼ばれます。
自分は、これを書いてました(+o+)
んで、飯。委員会がある人はその会議。その後はなんかOD式テストとか言う奴です。なんか免許取るときにみんなやった性格がわかるみたいな奴。そんなんどうでもよくて終わり。
風呂で一日終了です。
そうですね、今日はほんとに小学生の書いた日記みたいにあることを追ってっておしまいだね。
こんな日もあってもいいかな?おしまい。

posted by タケ・S at 17:24| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練7日目

今日は、昨日は注射の日であったので、マラソンはありません。ということで朝は体育館に集合。ここでラジオ体操をこなしたあと、歌の練習です。その歌というのは青年海外協力隊の歌で、どうやらこの訓練が終わったあとの会で歌うみたいです。
その歌はなんともいえないけど、感想は君が代よりはいいかな?ってかんじっす。

んで、飯を食べたんですが今日は半分の英語以外の言語訓練を受ける人は健康診断で何も飯が食えない。というわけで食堂もいつもいっぱいなのに今日は空いてていつもこのくらいならいいのに。と思いました。
明日はわが身なんだけどね・・・

そして掃除。今日からしっかり範囲が決まってやる範囲が増えました。こういうところでしっかりやっておくと、あとあと何かに聞いてくることを自分はよく知っていますので率先してやりました。別にそんなに疲れるもんでもないし・・・
えー、そしていよいよこの訓練のメインと言われている言語訓練の始まりです。昨日も書きましたが、研修棟と呼ばれるところは日本語禁止。しゃべれるのは英語だけですから英語を話すことになります。最初はもうしゃべっていたのは理数科教師の仲間内だけ。でもそのうちみんなストレスに耐えかねたのか、慣れてきたのか、どっちだか知りませんが、しゃべり始めました。日本語しゃべってる人もいたけど(-_-;)・・・
自分はしょっぱなから適当にしゃべっていたんですが、みんななれてくるとすごいうまい人たちも緊張してたか、なんだか話し出すんですよ。ぶっちゃけ、どのくらいのレベルかさっぱりわからないわけで、うっかりすごい人に話しかけるととんでもない量の単語が飛んでくるなんてこともあり、結構大変です。うちの班の人、結構すごい人いるかも・・・
そうそう、自分の配属になった(来週本決まりで今週は仮)クラスはみんなTOEICレベル700点レベルだそうです。
おい( ̄□ ̄;)!!
自分、今やったら600点取れるかわからんぞ。っていうレベルのような気がするんだけど・・・ひょっとしてテストでまた神がかり的なクソ力をだしたのか?それは今週のうちにはわかるでしょう。
たぶん、クラス落ちだな(*_*)
あと愚痴を書かしてください。理数科教師だけ別クラスなんですよ。多いっていうのもあるのかな?でもほかの職種はミックスで午前中やって午後は職種別なのに理数科教師だけはなからその中でクラスを4つに分けている。しかも午前と午後メンバーおなじでっせ。だれるっちゅうの。 そうじゃなくても理数科教師は忙しいからサークルに(勝手に訓練所ないで作る)参加するのは考えろ!!とか脅されているのにますますほかの人と話す機会がなくなっていく。すっげー、やな感じ。理数科教師だけ、孤立していくような気さえする。そんなのやだー。

そのあとはなんか国内積み立て金が入れられる講座を三井・住友銀行に開設しました。
ん!?
何で三井・住友なんだ?っていうか、今回の訓練とか技術補完研修で振り込まれた口座でいいんじゃないの?
いったいどんな談合があったんだか?と疑ってしまいますよね。だって派遣の人数が一年で1000人。全員、無事帰ってくるとして一人250万弱。そうすると2年後までにその銀行にとんでもない額がその銀行に入るぞ。えーと、25億???こりゃあ、絶対、裏でお偉いさんになんか渡しているだろ。と思ってしまいますけど、実際のところはどうなんでしょうか、それは誰にもわかりません(?_?)
しかしどうして講座を作らなくてはいけないのか?またそれが三井・住友で用意されているのかは不思議ですね。

そのあとはまいどまいど、今度は総括という人がでてきてありがたい話です。でもまあ、考えることがあったので、書きたいと思います。
やっぱりこの訓練は忙しいものであると思います。特に理数科教師は。そこで難しいのはどういう風にウエイトを置くかです。せっかく138人もいるんだからできるだけ多くの人と仲良くなりたいじゃないですか?そのためにはいろいろな活動に参加しなくてはいけない。でもいうまでもなく、勉強しなくてはいけないわけですよ。
つまり人付き合いを優先するのか、勉強を優先するのか?もちろん睡眠やスポーツ(ストレス発散)などもあるのでどれをいつどのように優先するのか?それが一番難しいような気がします。
それでもやりたい放題やるには、やらなくてはいけないことをためないことが重要ですね。当たり前なんですが、当面はレポートなどやらなくてはいけないことを即殺していくことを目標に、あとは暇な時間をつくらないようにいきたいな。と思いました。ただ友達とくだらない話をしているのは暇な時間なのか、大事な時間なのか、まだ判断がつかないけど・・・

さてそのあとは福島の紹介。知らなかったんですが(福島の方、すいませんm(__)m)福島は東から浜どおり、中どおり、会津に別れるそうです。しかし福島も大きいよね。本場、喜多方ラーメンを食べに行きたいけど日曜だけで行けるのかな・・・せめてガーナに行くので野口英雄の生家だけは見てきたいと思います。(野口英雄はガーナで死んだ。)

あとは自由時間、自主計画の時間です。その時間、えー、空手派遣の方が自作ビデオ公開という事で行ってきました。
結構、面白くて、サークルを作って日曜の朝にやろうか。という話が出たので、日曜の朝くらいだったらできるのでやりたいな。と思いました。 今日はとりあえずそんなところかな。
明日、20分のデモンストレーションがあります。デモンストレーションといっても授業をやるだけなんですが、準備がまだまだですので、これからやります。がんばろっと。

追伸 今日、この訓練の最初の日に支給されたブレザーのボタンが取れてしまい、自分でつけました。職種が婦人、子供服に人に「4本取りでやったほうがいいよ。」といわれ、やりました。自分、玉結び、玉止め。完璧でした。自分、確かにこんなごつい顔をしながら中学時代の家庭科の成績は良かったんですが22歳になってもこれほどうまくつけられるとは思っていませんでした。自分のそんなところが好きな自分でした(^o^)/

本日は以上

posted by タケ・S at 17:23| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練8日目

今日は、朝っぱから4時から活動です。というのも今日は理数科教師のほうは模擬授業プレゼンテーション20分が早くも行われるため、その準備をしなくてはいかなかったからです。
しかしながら、実は今日は健康診断があり、昨日の夜9時からキリギリスよりもひどい水しか飲んではいけない(キリギリスは砂糖水)という状態でしてなんかあまりカロリーを使うことをしたくはないんですが、まあやらないわけにはいかず頑張ってしまいました。
ラッキーなことといったらただランニングがなくなったということだけでした。まあ、朝飯もなしですので当然っちゃあ、当然なんだけど(・_・;) というわけで健康診断・・・の前に空腹の中、英語の授業です。

しかしここで新たな発見が。昨日の面接でみんなよくわかったといって、自分はランク落ちを覚悟していたのですが(するとしたら来週の月曜で今日はまだ変わりないです)、昨日の様子を見ているとやっぱりみんな全部が全部、英語の先生の話すことが分かっているわけでもなく、なんだ、お前らもわかってないじゃん!!!とつっこみたいところでしたがやめましたけど・・・もちろん、分かっている度合いには差はありますよ。その先生、ニュージーランド出身なんですよ。だからなんとなく、聞きづらいんですよね(>_<)
しかしそこで「君らはグラディエイターだ。」といわれました。自分、その映画見たことないよ。だからよくわかりませんが、その映画のラッセル・クローは勇敢で知恵とか勇気とかがすごいんですか?君らもそうなってくれ。というありがたい話をいただきました。
だいぶ大げさではありますが、なれってちゅうならなったろうかな?なんて安易に思ってしまう自分でありました(´〜`)
さてまあ、健康診断なんですが身長(これはなんか2センチも縮んでました(~~;))体重(飯食ってないんで軽かったっす)血圧、尿検査、視力、聴力、レントゲン、心電図。あとは血液検査です。これはなんかでも四本も取ってました。HIV検査とかもするそうです。 別に心配はないけどね。

さて午後は朝っぱらから準備した模擬授業プレゼンです。しかし、最初2人やったんですが結構うまい。これは、見れば見るほどプレッシャーがあがると思い、3番目で(クラスは6人)やりましたが・・・ぼろぼろでした。いやー、やっぱりもっと準備がいると思いましたね。っていうか無理。 やっぱりね、日本語でやるとなれば内容も分かるのはもちろんだけど言葉が分かってそのニュアンスも分かるわけですよ。そうするとリズムがつくれてちょっとは楽しい授業になるわけですよ。しかしですね、よく考えるとそのリズムとかそういうものが英語では一切分からないわけです。楽しい授業なんか、できるわけがない。
基本的に、その教科の好き嫌いはその先生とイコールだと思うんですよ。数学の先生が好きなら、数学好き。みたいな。
人間なんて動機が不純なほうが成長するくらいでその先生が好きなら人間頑張って勉強してその教科が得意になったりするもんでしょ。
責任重大にもかかわらず、うまい授業ができない。これは非常につらいです。
これからの頑張りでできるようになるんでしょうか?それを補う何かを実につけられるのか、どうなんでしょう?
あとですね、プレゼンなんですがお互い聞いてるのもやってるのも日本人なんですよ。そうするとだいたい言いたいことが聞かなくても分かる部分があって、しかも細かい文法とか間違ってもわかんないんだよ。だからこんなんでいいの?と思いました。
長く書いたが内容がないな。

次は体力測定。
自分、しつこいようですが、22歳です。ここで年齢を証明しなとますます36とか言われてしまいます。そういうわけで頑張りました。腕立て、腹筋、背筋力、垂直とび、10m往復走、あとは立位体前屈。
評価は1点から5点まで。腕立て5点、往復走4点、あとは3点でした。
いやね、これね、年齢ごとノルマ違って若いとつらいんですよ。しかも全体的にちょっとづつ次の点まで届かない。結局判定はA〜Dまでの中のB、年齢並み。何とか年齢は証明しました。
この訓練が終わるころにはAになっているでしょう。

あとはそうそう総合テストかえって来ました。83点。合格です。だいたい平均点もこんなもんなのでこんなもんでしょう。自分、一夜漬け勝負とか弱い人なのでこんなもんで。

あとこの訓練所には「よろづ相談室」と呼ばれる相談室がありまして、今日はその担当の人とミーティングをすることになってまして(班全員で)、それで話を聞いたわけですよ。
どっちかっていうと相談というよりは、福島の紹介でした。
なんかね、なんかね、協力隊にくるなら2時隊がいいっすよ。二本松訓練所にくる場合は。なんつったって気候がいいだけでなく、祭りがある。菊人形展がある。イベントいっぱいです。なんか登山もあるそうなんですけど、一番紅葉できれいだそうです。
協力隊くるなら二次隊で(#^0^#)
注:ただし今回の隊は女の子の割合が少ないです。いつもの二次隊はどうなんでしょう?

posted by タケ・S at 17:22| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青年海外協力隊派遣前訓練9日目

今日も朝からランニングですが、そろそろ体育会系の人が体が慣れてきたのか、バカ速くなっています。一般ピープルはまったくそれについていけまへん(~へ~)
しかし真剣に走ると汗止まらないんだよね。次ぎ飯なんだけどそのときまで水シャワー浴びても汗をかいててやな感じです。

さて飯のあとはみんなで掃除をやっているんですがそのときに名前を呼ばれましてはっとしましたね。9日目にしてやっとこの人が名前をよんでくれた。みたいな。些細なことですが非常にうれしいひとコマでした。

さて今日は語学の授業なく、ひたすら話を聞く日になっていまして、今日はなんか特任参事とかいう人が出てきていったいいくつ肩書きがあるのか分からないくらいいるな。と思いつつ、話を聞くと、スタッフ数は本部に636名、国内他に208名、在外56箇所に69名、計1213名いるそうです。ここに臨時で働いている人もいますからとんでもない人数が働いているらしいです。ということはまだまだわけ分からない肩書きの人がいっぱいでてくるんでしょう ☆ ̄(>。☆)

その中の話の中で独立行政法人化の話が出まして、ここは来月10月1日からされまして名前が国際協力事業団から国際協力機構になるらしいです。JICAっていう略称は名前が売れているので変えないそうです(^0^)v

あとその話の中で興味が出たのが、今、日本が不景気なのになぜ援助をするのか?っていう話。
その中の話によると、戦後アメリカは非常に多大な保障をしたそうです。それであの去年の紅白で一躍有名になった黒部ダム、また東名高速。あれらは日本はお金を借りてつくったそうです。それを完済したのは1991年。結構最近らしいですよ。
というわけでそういう恩返し。という点がまず1つ目。
2つ目は世界全体の安定が最終的な日本の安全につながる。という考え方から。
3つ目は経済大国として当然の義務。日本の経済状態が悪いからといっても発展途上国に比べればたかがしれてる。
そういうことだそうです。
えー、言わせてもらえば日本が景気が良くなれば世界全体の景気がよくなるんじゃないの?とか批判しながら聞いていたんですが、2つ目の話の補足で、結局それは、いい関係をつくることにつながるんだと。それによって後々助けてくれ。というか、簡単にいうとそれだから資源くれ。ということにつながるらしく納得(o^_^o)
自分の考えなんですが、裏がないきれいなものって言うのは何かしら怪しく感じてしまうもんで、裏が見えて本音が見えると説得力ありますよね。 そうそうあとはODA大網というのがありまして、それについては触れませんが、それが新しくなる新ODA大網というのができるらしく、それは日本の国益につなげよう。という方向でいくらしいです。ますます説得力がでてきてますねv(^^)v

感動話をここで一つ。オードリ・ヘップバーンって知ってます?ローマの休日は彼女の代表作です。その彼女は晩年、ユニセフの大使で1ドルで契約し働いていたの知ってます?彼女はもう地位も名誉もお金も手に入れて、そんなことしなくていいのにやっていたそうです。彼女はどこかのお嬢様にうまれたんですが半ナチス運動などに参加しナチスなどに追われて非常に苦労したそうです。だから彼女は自分は幸せになれたから、心の豊かさを与えたい。それには自分も心の豊かさが必要で、今それがあるから幸せのおすそ分けがしたい。といって参加したそうです。しかも病気で手遅れになるまで働いて死んでいったそうです。結構、感動でしたね(T_T)

あとは派遣されている協力隊員のビデオを見ました。それも感動したんですが、はっきり言わしてもらって年間1200人(この前は1000人と書きましたが1200だそうです。訂正しますm(__)m)いる中でそんなに成功している奴がいるんだ?とつっこんで、感動半減でしたね。

えー、でもなんか独立行政法人化でやっぱり企業会計を導入するらしいです。そうなるともちろん、失敗すると潰れます。ここもそういう危険を持つことになるらしいです。って言ってた。ホントかな?

あとはそうですね、派遣の話なんですが大半はいって「あんた、だれ?」って言われるそうです。なんか向こうには時計どころか、カレンダーもないところが多いらしく、いつまでに行くって言ってあってもそれがいつだか分かってない。という事態が起こるらしく、結構大変だそうです。

そうですね、あとはお金の話を聞きましたがこれはまた週末に書きますのでご勘弁を。

そうそう、あとはガーナの新情報。どうやら日本から蚊帳を持っていくらしいです。・・・よっぽどマラリアにかかる率が高いんだね(・_・;)

posted by タケ・S at 17:21| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。