2008年06月19日

青年海外協力隊派遣前訓練1日目

今日からついに始まりました。派遣前訓練(今まで本研修と書いてきましたが、正式には派遣前訓練だそうです。
研修
じゃなくて
訓練
だって(0_0)
今日の経過を追っていきます。まず朝6時に飯食って出発。8時半の新幹線に乗りました。んで大宮で乗り換え。そこで今回初のびっくり。
新幹線2階建てだーーーー!!!
自分、初東北なんですけど、ビックリです。東北だけかな?今まで見たことないかも(・_・;)

んで次は福島までです。ところが降りてビックリ(+_+)切符買ったところで間違えたらしく、新幹線は福島まで。乗車券は一つ前の福島で降りて3駅の二本松までだったのです。つまり特急券は足りてるのに乗車券が足りていない。そういうわけで金取られました

ネットで最短の時間で行く。で調べて買ったのがまずかったらしい。いきなりついてない(+o+)
新幹線の中で友達から「いつか、また」っていうメール届くし・・・
俺は訓練終わったらちょっとかえるっちゅうねん。ついてない。

そうそうあとビックリ第2弾。東北の電車ってドアの開閉にボタンついてんだよ。知ってました?知り合いに聞いたら冬とか熱気が漏れないようにだそうです。へーって感じ。
それでついに研修じゃなかった、訓練所のある二本松の駅に着いたわけです。そうするとビックリです。とりあえず 旗持ちの人2人に出迎えの旗、に加えて「ようこそ青年化偉大協力隊の皆様」と明らかにずっとあるであろう時計台 恐るべし二本松・・・よっぽど協力隊員がくると潤うんだろうな。って思ってしまいました。

でも驚くべきはそれだけではなくてついてしばらくすると一本の電車が来たわけですよ。それで技術補完研修の仲間、10人集合。仲間ばっかし。あれ???150人くるはずなのに・・・
ほかにも結構知らないか思いましたけど、仲間が大集合してしまったんでなんか新たな気持ちって気がしなくてビミョー(-_-;)

そんな中、バスに乗って訓練地へ向かいます。Nihonmatsu traning centre、通称NTCと言うらしいです。そこへ行きます。
しかし登る登る。山に登る。バスは山に登り続けます。
・・・
到着
えー、絶対どっかから脱出してやる。と思ったのですが、山の中。何もない。
毎回、誰も脱出しない理由がわかりました(T_T)

着いて、班分けを見てしばらく待ちました。
ふと班分けの紙に派遣国が書いてあった事に気づいて班分けの紙でガーナを探す。
ガーーーーーーーン!!!!!
いっしょに行く女の子がだれもいない。ショックです(ToT)
もうその地点でなんかやる気なくなった。もう勉強やるしかないな。とか思ってしまいました。
あれ?自分何しにきたんだろう( ̄□ ̄;)!!

しばらくすると受付が始まって支給のブレザーをもらって部屋に到着。9uの部屋。なぜか部屋の間取りは台形です(ー_ー)
それで着替えて入所式リハーサル。
・・・リハーサル???
何でそんなことすんのか?と思ったら、お偉いさんとか結構来るみたいで・・・
格好も決まっていて男性、白無地のYシャツ、ネクタイ、支給のブレザー、グレー無地のスラックス、黒ベルト、黒皮靴。女性、白無地のブラウス、グレー無地膝丈のタイトスカート、黒革靴(ローヒール)。しっかりしたカッコしてなきゃいけないとは思うけど、細かいよね。
でも自分、前日にスラックスを買いにいったんですよ。なかったから。でもグレーという色を勘違いしてました。グレー???訳すと灰色。 何でグレーを紺と勘違いしたか、いまだ謎ですが、間違えちゃったんですね。ピンチでした。スタッフに言ったら「誰かから借りてください」だって。もう冷や汗もんで探します。
でも一人目、班の人に聞いたんですよ。まだあってたいして時間たってない人に。そしたら2本、グレーのスラックスを持っている。と。 はいてみました。
ぴったり(裾まで)v(^^)v
そのときからその友達のあだ名はブラザーになりました(^0^)v

そういうわけで事なきを得て、入所式。
なんかリハーサルでは福島県知事まで来るみたいな話だったのにきたのは代理。がっくりです。
でも市長は着ました。二本松市長。でも始めはありがた い話だったのですが、ふと気がつくと市の宣伝をしている。
日本三大ちょうちん祭りの二本松ちょうちん祭り、世界最大である菊人形展。是非とも休みの日には足をのばして・・・

いやー、どっちも知りません。ッていうか、この場所で宣伝しなくたって・・・

そんな感じで入所式も終了。この地点で午後4時です。しかしながらまだまだ全然終わりません。
続きまして、訓練所所長の話。
この話はつまらない面白くない話・・・だと思って聞いていましたが意外と面白かった。というか、思うところがあったので触れたいと思います。 ボランティアはいったい何のためにやるのか?そういう話だったのですが、所長の答えは「結局は自分のためなんだよね。」といったのが、自分の考えと一致したところが面白かった。またそこからの派生で「任国のためにっていう思いが強いと良くない。」とも言ってました。これもなんかいいですね(*^^)/
その話を聞いて最近、ヒットしているバガボンドのある一説を思い出しました。
「何かにとらわれると剣はでない」
この言葉は自分は非常に好きで座右の銘にしようかな。くらい考えている言葉でして、人間、こう、なんていったらいいのかな、一つのことにとらわれすぎると何にも見えなくなってしまう、その状態が一番人間のだめな状態である。と思う。バカップルとかがいい例でしょう(^_^;) ほかの例を挙げるといじめられている子を救うには真正面から解決するのも大事だがそれしかやっていないとますます深みにはまってしまう。何か楽しい趣味かなんかを始めさせるとえてして簡単に解決してしまうことがある。みたいな感じかな(´〜`)

ちょっと主観ばっかりだったので、一つ客観的事実を公開(#^0^#)
訓練所にくるまでいくつかの試験をしましたがその基準は全部で5つ。
一、環境が悪いところでも健康が保てる。
一、異文化を受け入れることができる文化的要素を持つ。
一、思考的な弾力性がある。
一、表現力や説得力がある。
一、困難を克服する力がある。
だそうです。ふーん、そんな風に見えない人間も結構いると思うけどな・・・その一番は自分かな(?_?)
そうそうあとえー、合格率ですが5000人受けて受かるのは600人。12%ですな。結構すごいんだな。と思いました。もっとなんか簡単にうかれるもののような気がしたもので・・・すいませんm(__)m
さて話は経過に戻ります。そんなこんなで話が終わって連絡事項を受け、着替え、晩飯食って、送った荷物をとりに行きます。
そこでアクシデント。長年使っていたジーパンが破けました(×_×)ノーーー!!!たしかに結構、きてる奴だったんですけどデニムなのに〜。何も重い思いして持ってきたのに初日で破けなくたって・・・

気を取り直してこれで終わり・・・ではなくてここからもう一度制服でオリエンテーション。
行く前にたまたまスタッフの人と話す機会があって話を聞いたらここに立てているのは実はすごいことらしくてすごい山の斜めの所にこの建物を建てたらしいです。どうも階段がおかしいと思ったんだよね(;^_^A

ここに来て疲れているところなのにまだやります。約2時間の話。ここでまたやってしまいまして制服なのに靴変えんの忘れて、おこらるのではとひやひやでした(~~;)
21時半まで頑張りましてやっと終了。でも10時で風呂がしまるからまたそこで格闘(+_+)
やっと23時消灯。ということで一日目、終了です。

基本的にミスしすぎです、自分。調子に乗ってんだか、なんだかわかりませんがもう少しは気を引き締めていこうかな?と思った自分でした、反省(_ _)/[

追伸 なんか自分たち「隊員候補生」というわけがわからない身分らしいです。隊員ではまだだめなんでしょうな、やっぱり 0o。(^o^)y-



posted by タケ・S at 17:32| 訓練1〜9日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。