2008年06月19日

青年海外協力隊派遣前訓練25日目

訓練といっても今日は日曜日。そういうわけで、遅れている勉強を取り戻そうなんて思っていたのですが、体調が思わしくなく、そういうわけで部屋療養ということにしました。
実は朝早くから近くの公園に(近くといっても下山するんで距離はあります)ボランティアで掃除をする。というのに参加する(自由参加)はずだったのですが体調が思わしくなく、欠席しました。そこでかわいい人と仲良くなる予定だったのに残念。
あとで聞いた話によると下界では、食の祭典なるものが行われていたらしく、みんなで試食し放題だったらしいです。豚の丸焼きもあったとか・・・
それを聞いただけで余計、具合が悪くなりそうでした。
具合が悪いといっても熱が平熱より三分ほど高いだけで37℃にもいっていない状態で、せき、のど痛、体のだるさくらいがおもな症状で正直、いいのか、悪いのか、わかりません。しかも土曜の夜からひたすら寝ているんですが、良くも悪くもなっていない有様でいったいどうしたらいいやらって感じです。

しかしここで感じた大きなことは、社会人と学生上がりの違いです。社会人上がりの人の用意のいい事といったらすごいです。ビタミンやら何から何までみんな持っていて、驚きました。
学生は具合が悪くなったら休めばいいわけですよ。しかし社会人はそういうわけにはいかないですからね。そういうわけで用意が言い訳がわかります。
こういうところに差を感じるのは面白いですね。

できるだけ、速く治したいのですが、何せ良くも悪くもならない。
どうしたらいいのか?とりあえず早く寝て、具合が悪かったのでって言って宿題は勘弁してもらおうと思います。

本日は短いけど以上。長さはワーストですね。



posted by タケ・S at 16:47| 訓練20〜29日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。