2008年06月19日

青年海外協力隊派遣前訓練42日目

今日は10月15日。知っている人は知っていると思いますが今日は自分の誕生日でした。
去年の誕生日は90%以上の人に忘れられ、すごいさびしい誕生日を送ったのはこのページにも書いてありますが、今日はそんなこともなく、大部分の方に祝っていただきました。
みんなそうなんですがここで誕生日を迎えると朝の飯のとき、とりあえず班の仲間に囲まれて食堂に誕生日であることを発表してもらって100人以上でハッピーバースデーを歌ってくれるというそんな流れでそこでプレゼントがある人はあげるみたいな。そんな流れ。
自分はそこではプレゼントはなかったですが、部屋に帰ってくるとカードが・・・そのあと帽子をいただきました。坊主頭には帽子っていう王道という感じですかね。
昼の時には仲のいい女の子からプレゼントもらって、その女の子がいる班の女性グループからもカードをもらいました。
いやー、感無量。ハッピーバースデーを100人以上に歌ってもらうことなど人生このあと何年あるか、知らないけどもうないでしょう。
またメールも去年の数倍いただきました。去年1通なんだから当たり前なんだけど・・・
ひょっとしたら人生で一番の誕生日であったかもなんて思ってしまいます。
しかし一つだけミステリーが・・・
実は朝起きたら部屋のプレートのところに風船があって誕生日おめでとう。とあったんですが名前がない。
そのあと差出人を探したんですが、班の人は知らない。理数科教師仲間も知らない。仲のいいやつも知らない。
誰からなんだろう???????
気になってしょうがない。どうやら情報によると夜からあったらしい。しかし消灯の時にはなかったですからそれからということになる。しかもなんか一つ割れた音がしたらしい。何で周りは気づいて自分は気づいてないねんって感じなんだけど・・・ひょっとしてそこに何か書いてあったのをやっぱりやめて消したのかも・・・謎が謎を呼ぶ。みたいな。
ま、わかってみると実はたいしたことないっぽいんだよね。周り曰く
「タケ、ファン?」
っていうんだけど
「そんなことないよ。」
と思いつつ、期待している自分もまたよし。
でもなんとなく男の字っぽいんだよね。残念。・・・でも文字の後ろにはハートマークが・・・誰なんだろう、言えることは自分をタケとよび誕生日を知っていた人間であるということ。うーん、ミステリーです。
早く誰がやったのか知りたいと思う今日この頃です。

さて語学のほうですが特に変わったこともなく、プレゼンは昨日からあたっていますがなぜかあたっていない。というわけでたぶん明日でしょう。
というわけで今日も講座の話を。最近は3時に語学が終わったあと必ずといっていいほど講座があるか注射があるかって感じで非常に忙しいですな。

今日のテーマは「感染症」
この前の危険の話でもそうでしたが日本で当たり前であることは向こうでは決して当たり前ではありません。そのため普段の生活から気をつかって生きなくてはいきません。そこの負担が自分にどれだけ来るのか?そのストレスは?などと考え出すと余計疲れるのでやめます。
内容は箇条書きで
・水は硬水であるので必ず火を通すこと
・ホームステイ(最初に行くと現地訓練としてそれをする)先の食べ物はきんに感染していることがあるので注意
・冷蔵庫を過信しないこと。向こうは暑さのため冷蔵庫の中でも10℃を超えることがある。
・カレーやシチューは夜を越えると菌が繁殖するので暖めなおすときは満遍なくかき混ぜ均等に火を通すこと
・鶏卵は非常に良い栄養源だがまず回りに菌がついているのでしっかり洗う。また半熟は危険。わったあとに黄身をよく見ること。ガーナなどでは黄身が黄色くなく白いのがあるがそれは問題ない。黒い点や赤い点がありそれを観察して動いたら寄生虫。
・野菜は熱湯の中で2、3回ゆすぐ。栄養はこの程度なら壊れない。
きれいな虫に食われていないような野菜は殺虫剤多し。朝早く起きて虫食いを買うべし。
・果物は必ず丸ごと買ってくること。切ってあるものは、ナイフなどの衛生状態が心配であるため。
・バナナは非常に栄養価が高く良い。表面の黒い斑点が多いほど熟成している。免疫物質も入っているので一石二鳥。
・アイスクリームは栄養価が高いがそのため、菌が繁殖しやすい。食べるときは衛生管理のよいところで。
・モンゴルは日がなくてビタミンDが不足する。そのため天日で干したしいたけを持っていくべし。
・牛乳は日本のように殺菌していないので熱をかけたものを飲む。
・下痢になったら水分摂取を常に行い出す。菌がそれによって減るため。そのとき飲むのは熱いお湯。(水1リットルに対し塩1グラム(小さじ1)、砂糖20グラム(大さじ4)を溶かすと良い)
・免疫維持のため必ず3度飯をとる。またストレスを避ける。それをしていないと免疫能力は落ちる。
・地球の温暖化のせいでマラリアを運ぶ蚊、ハマダラ蚊が増えたらしい。またオゾン層の破壊で癌が増えているらしい。

あとは狂犬病、マラリアについて書きます。

狂犬病;発病すると100%死にいたる。JICAでは死んではいないがピースコー(アメリカのボランティア団体)は毎年3、4人はこれでなくなる。
発病まで2週間から半年。犬は抱いてはいけない。(向こうでは番犬)
対策1野生動物にかまれたら10分間ごしごし洗う。2医者で消毒してもらう3ワクチンを打つ。(たとえそれを打っていても)0日目、3日目までは最低限。7日目14日目にも疑いが強いときは打つ。
注 そのときお酒、夜更かしはいけない。

マラリア;ハマダラ蚊がマラリア原虫を持つ。ハマダラ蚊はきれいな水、うす暗いところに好んですむ。活動時間は午後5時以降。しかも一度さしたらもうささない。そのため危険な時間は5時から9時。さすのはひざが下が非常に多い。黒いものが好きだが反面、白が嫌い。そのため白いズボン、靴下をはくとよってこない。臭気と温度が好きであるので酒を飲んだ後は外出しない。雨季の始まりが一番活発。
かかると赤血球が減る。そのため、貧血気味の人はマラリアが多い地域にはいけない。
感染しても症状が出ないこともあるため向こうから帰ってきても3ヶ月は献血不可。

あとはテング熱、破傷風についても聞きましたが略。

追伸 えー、坊主にして野外訓練、登山で頭が日に焼けて頭の皮がむけております。はじめは面白いと思っていましたが、後になると皮がふけみたいになって落ちてくるのでやな感じです。坊主にしたときは日焼けに気をつけよう。

本日以上



posted by タケ・S at 15:59| 訓練40〜49日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。